小規模導入できるおすすめ在庫管理システム10選比較!

Last Updated on 2021年9月7日 by art-mylogi

『最近売上が予想外に伸びてきたため在庫管理が急に大変になってきた。』
などの悩みはございませんか?今回はそんなお悩みがあるかつ小規模倉庫を運営されている事業者様に向けて倉庫内在庫管理システムをご紹介いたします。

この記事を監修した人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

小規模在庫管理システムの選定ポイント

在庫管理は複雑であり、なかなか一筋縄ではいかないため管理方法を誤って余剰在庫を出してしまうなど適正在庫を保てない可能性があります。在庫の状況を常に把握し、適切な在庫管理を行うためには在庫管理システムがおすすめです。
在庫管理システムの選定ポイントは以下の通りです。

自社との適合性はあるか

在庫管理システムは多様性があるため、自社に適合するシステムを選定することが重要となってきます。
何の業種に特化しているシステムなのかなども選定基準に有効活用できる情報です。

情報登録方法がわかりやすいか

入出庫情報などの入力はミスが最も起きやすい業務でもあるため、迅速かつ正確に入力できるということも特徴です。

カスタマイズ性があるか

自社に適合する形にカスタマイズできるかどうかも重要です。
また、在庫数の変動によってカスタマイズできるシステムである方がおすすめです。

料金体系に納得できるか

システム導入には初期費用だけでなく、システム維持費や管理にかかるコストもあります。
長期的に見てコストパフォーマンスがいいかどうかをしっかり吟味しましょう。

システムとの連携はスムーズか

他のシステム、例えば受注管理システムなどとの互換性や連携のスムーズさも重要です。
既にある基幹システムや今後導入する可能性のあるシステムなども視野に入れる場合、
連携のスムーズさを導入前に確認しましょう。
トライアルなどのサービスを行なっているシステムもおすすめです。

セキュリティは万全か

情報漏洩などのトラブルを避けれるようセキュリティ対策が万全であるかをしっかり確認しましょう。

サポート、アフターケアは充実しているか

システムには導入後にどのようなシステムエラーが起きるか予測仕切れない部分もあります。
何かあったときのアフターケアの対応がしっかりあるシステムを選定しましょう。

在庫管理システム10選

それではおすすめのシステムをご紹介していきましょう。

mylogi

EC運営会社が作ったシステムなので、EC事業者の立場にたったサポートも可能です。
多くのモールへの展開にも向いており、独自の正確性によって正しい在庫状況を随時把握できます。
また、越境向きでもある今話題のshopifyと公式にパートナー認定されているため、shopifyに特化したシステム提供も実現しています。
詳しくはコチラ▶︎

初期費用が無料になりました!
mylogiプランについて

アラジンオフィス

豊富な導入実績を誇るアラジンオフィス。
業種別に特化したそれぞれのシステムを提供しています。
カスタマイズ性も他システムとのシームレスな連携も実現します。
詳しくはコチラ▶︎

楽商

固有業務に対応しているシステム。
確かな実績があり、大手モールとのパートナーシップも結んでいるため、安心して大手モールや多店舗展開が可能です。
詳しくはコチラ▶︎

eeeCLOUD在庫管理システム

様々な規模に対応しているシステムで、低価格なのに高品質を実感できます。
サポート体勢も万全です。
詳しくはコチラ▶︎

Goo2マネ(在庫管理)

日立が提供するGoo2マネ。
在庫管理だけでなく、貸出管理や現品管理にも向いています。
また、セキュリティーにも特化しているため、安心して導入できます。
詳しくはコチラ▶︎

kintone

脱アナログをモットーにハイクオリティーな管理システムを提供しています。
導入によって作業工数を大幅にカットできることが強みで、見やすいデータ集計グラフなども提供しています。
詳しくはコチラ▶︎

スマートマット

在庫の重さを検知して、その在庫の残量をスマートクラウドに保存します。
シンプルなUIで使いやすいシステムです。
商品の下にスマートマットと言われる独自のマットを敷いて測定するという方法を活用しています。
簡単かつわかりやすく正確に在庫数を測れることが魅力の一つです。
詳しくはコチラ▶︎

SMILE V 販売

売掛や買掛などもしっかりカバーして在庫管理を行います。
リアルタイムに在庫状況を把握し管理できます。
在庫管理から経営戦略まで協力なサポートがある点も強みの一つです。
詳しくはコチラ▶︎

AMI(G2)

グローバル・オムニチャネル指向の倉庫管理システムです。
マルチ言語対応で越境ビジネスに役立つこと間違いありません。
詳しくはコチラ▶︎

エグゼクイント

データ分析の経営情報支援機能が在庫管理と経営戦略をサポートします。
様々なビジネス形態や業種に特化しているため、どの業種でも安心して導入できます。
カスタマイズ性にも富んでおり、低価格で提供可能な事も魅力です。
詳しくはコチラ▶︎

まとめ

いかがでしたでしょうか。
上記のシステム以外にも多数のシステムが存在しています。
自社に適合するシステムを選定しましょう。

関連記事

・在庫分析とは?方法や、在庫最適化を目指すために管理すべき指標を解説します
・在庫回転率とは?計算方法や目的、上げるための4つのポイントをご紹介!
・安全在庫とは?適正在庫との違いやメリット、計算方法などについて解説します!

倉庫・在庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

ECサイト運営 アートトレーディングサービス紹介動画