最強に役立つ在庫管理とは?!製造業と小売業の在庫管理方法を比べてみました

物流における在庫管理の目的は主にキャッシュフローを増やす事にあります。
しかし管理が複雑な面があり、そのためなかなか課題解決ができないという事例も多くあります。今回はそんな在庫管理に役立つ管理方法をご紹介いたします。

在庫管理の基礎とは?

在庫管理を行う上で最も重要なのは『整理整頓・清潔』という要素にあります。
整理整頓された清潔な環境で在庫管理を行う事で、倉庫内で効率的な作業をしやすい環境にする事ができます。

在庫管理方法

在庫管理において発注の方法は大きく2つあります。

定期発注点方式

予め発注時期を定め、その発注間隔に基づいて発注量を都度決めて発注します。

定量発注点方式

在庫量が予め定められており、状況に応じて発注しす。
定められている在庫量が減ってきたタイミングで、定量に戻す分の発注をかけます。

製造業と小売業

製造業と小売業では在庫管理方法が異なります。
製造業は生産管理と隣接した在庫管理方法を使用しています。
例えば製造業における在庫には原材料があり、調合・加工などが必要な事が多いため、その工程を外注する事があります。
また仕掛け品のような生産途中の半製品を扱ったり、部品を組み立て終わった完成品を扱う事もあります。
よって製造業の場合は作り過ぎが起こらないような生産管理をしたり、適正在庫を多方面から保つための環境設定をする必要があります。

一方小売業では製品を製造する必要がなく、購入した製品をそのまま販売します。
そのため顧客からの注文を待つのではなく、商品が無くなったらその都度発注します。
よって、調達時間を縮めて在庫引当のタイミングを適切なものにしたり、
売上数量のばらつきをなるべく無くすようにします。

商品別にしっかり在庫管理をし、即座に対応しなくてはいけません。

MRP(Material Requirement Planning)システム

MRPシステムとは『資材所要量計画』とも呼ばれ、主に製造業に使用されています。
部品表と基準生産計画をもとに資材の基準所要量を求め、発注や納入、出庫までのコントロールを行います。
このシステムは在庫管理だけではなく、製品の生産計画や原材料調達なども行っています。

POS(Point of sale)システム

POSシステムとは日本語で言うと『販売時点情報管理』ですが、小売業や流通行で使用されているシステムを指します。
バーコードのついたPOSレジとコンピューターから構成されていて実店舗併設していた場合にも店舗コンピューターから在庫管理を容易に行う事ができます。
販売戦略を立てる場合にも大活躍です。
近年では`POS機能が搭載されたレジなども販売されています。

在庫削減をするには?

在庫管理において一番の課題とも言えるのがいかに効率良く在庫削減を行うかと言う点です。在庫を停留しない物流システムを組んでいない場合に限りますが、まずはは在庫を分類するのが効果的です。
業種→区分→種類→顧客情報に基づく→生産方式→数など
の順番に在庫を分類するとわかりやすいです。
しっかりと分類することにより課題が明確になると同時に、
在庫管理に関するコスト削減・リードタイム短縮・部品点数の減少などを実現する事ができます。
この分類方法はいかなる在庫管理にも当てはまる事が多く、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。製造業と小売業では管理対象も方法も違いがあり、それぞれの特徴に合った管理方法でキャッシュフロー向上を目指しましょう。
もっと詳しく在庫管理について知りたい方はこちらの記事もご参考にしていただければ幸いです。
【関連記事】在庫管理システムとは?基礎知識からクラウド型システム9社比較までまとめてみました
倉庫管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。