クラウド型物流システムの導入事例をご紹介!

物流システムとは、「輸送」「保管」「荷役」「包装」「流通加工」など、商品の製造または仕入れから顧客の手元に届くまでに発生する、一連の物流業務を管理するシステムです。業務全般の最適化を実現することから、物流ソリューションの代表例として知られています。今回は、クラウド型物流システムの導入事例についてご紹介します。

物流ソリューションとは?

物流ソリューションとは、物流業務全体の効率化、最適化を実現する解決策です。
物流業務において重要視される点は、「的確さ」「スピード」であるといっても過言ではありません。とくに、競合性が高いとされるECサイトでは、商品をいかに正確に、そして迅速に届けられるかという点は、ECサイト全体の価値に大きく影響するだけでなく、競合サイトと差別化を図る点となります。
業務の一部を自動化したり、付随して発生する膨大な量の情報を一元管理できる物流システムは、一種の「物流ソリューション」として知られています。

物流システムを導入することで、作業工数を削減し、発送までにかかる時間を短縮することができます。また、情報の一元管理を実現することができるため、複数人で管理していたり、複数の店舗またはサイトで販売したりしている場合、記入漏れやミス、タイムラグなどの発生を防ぎ、販売機会の損出を最低限に抑えることも可能になります。

物流リソースとは?

物流業務の最適化は「サプライチェーン最適化」「リソース最適化」「ルート最適化」の3つに分けることができます。物流システムを導入することで、物流リソースの最適化を図ることにつながります。

物流リソースとは、「在庫、人、倉庫、拠点、車両」など、物流にかかわる、必要な資源のことをさします。すなわち、自社でもつ在庫数、そしてそれを保管するスペースや労働力、配送するための車両など、物流リソースは多岐にわたります。これらのリソース全体を最適化するためには、それぞれ異なるリソースの連携が必要となります。具体的に、各リソースやそれに伴う業務が抱える情報や正確な数値などを可視化したり、一元管理したりすることが求められます。

物流システムでできることとは?

出入庫、在庫、受注、配送管理などの一元管理を実現する物流システムを導入することで、可能になることとして以下が挙げられます。

①各業務の見える化

システムを導入することで、モノの流れ業務の進捗状況などを正確、且つリアルタイムで把握することが可能になります。
たった一つの商品のお届けに関しても、在庫管理や梱包作業、顧客情報の管理、配送手配など、様々な業務が発生し、複数人によって業務が遂行されるケースがほとんどです。そのため、物流業務に課題感を抱えていても、具体的な原因を突き止めることは容易ではありません。

正確な数値を把握、分析できる物流システムを導入することで、業務や課題が見える化します。その結果、曖昧だった課題が浮き彫りになり、的確なアプローチを図ることにつながります。

②ムダの削減

物流システム導入により、余分な作業工数や作業にかかる時間コストなどの「ムダ」を削減することができます。情報を自動で一元管理するシステムを導入することで、それまで手動で行っていた業務を削減することができ、結果として人件費や、配送までにかかる時間を短縮することができます。

③サービス全体の品質向上

業務効率の改善を図ることができる、物流システムの導入により、物流サービス全体の品質向上を見込めるでしょう。

なかでも、ECサイトの品質は、商品そのものに加え、商品の注文から到着までの速さと正確さ、顧客対応の充実度に左右されます。システム導入では、とくに商品以外の要因を改善することにつながります。受注後に必要となる情報が一元管理されることで、「なにが・どこに・どのくらいあるのか」が誰にとっても明確になり、作業をスムーズに進めることができます。さらに自動管理のため、ミスの発生を防ぎます。
顧客情報の管理を行うこともできるため、購入時だけでなく、定期的なメールマガジンの配信など、手厚い顧客サービスも可能になり、結果としてECサイト全体の品質を高めることにつながります。

ECサイトにてクラウド型物流システムがおすすめな理由とは?

物流システムは、ネット環境を用いて利用する「クラウド型」、既存ソフトウェアを利用する「パッケージ型」、自社独自のシステムを構築できる「オンプレミス型」の3種に分けることができます。とくに、ECサイト運営者へのおすすめとして「クラウド型」の物流システムが挙げられます。その理由をご紹介します。

理由①管理する場所を問わない

ネット環境さえあればどこからでも操作や管理を行うことができるという点は、クラウド型サービスの最大の強みであるといえるでしょう。PCやタブレット、システムによってはスマートフォンからのアクセスも可能で、倉庫などの現場にいなくても、状況を把握することができます。
さらに、ECサイトの他に、実店舗での販売を行っている場合や、倉庫を複数利用している場合でも、それぞれを一括で管理することが可能になります。

理由②低コストで導入、運用できる

クラウド型システムは、専用のソフトウェアの導入や定期的なアップデートが必要なパッケージ型や、自社独自でのカスタマイズが可能なオンプレミス型と比較して、低コストで導入し、比較的安価な月額固定費で運用することができます。
売上の伸び悩みに直面しやすいECサイトだからこそ、システム運用にかかる費用が抑えられる、クラウド型システムがおすすめです。

理由③導入までがスピーディー

とくに、オンプレミス型のシステムを導入する場合、自社の特徴や業務フロー、物流業務で抱える課題などに関するヒアリングに加え、オリジナルのシステムをゼロから構築してもらうため、導入までに時間がかかってしまいます。
クラウド型システムであれば、システムを提供する企業へのお問い合わせ後、スムーズにヒアリング、見積もりが実施され、導入までの期間を短縮することができます。

理由④お試しができる

利用するシステムにもよりますが、クラウド型物流システムでは、一定期間の無料トライアルを設定している運営企業が多く見られ、実際に導入する前に自社に合ったシステムかどうかを見極めることができます。
物流業務の精度の高さがサービスそのものに反映されるECサイトでは、自社サイトに合っているか、また、使いやすく、社内で浸透させやすいかどうかという点で、システムを選定することも重要です。

ECサイトでのクラウド型物流システム導入事例

では、実際にクラウド型物流システムの導入事例をご紹介します。

【導入事例①】在庫管理における作業工数の削減

発送代行サービスを行う物流企業A社様の場合

導入前の状況【発送代行サービスにおける、お客様の在庫数をエクセルで管理】
そのため、日々の入出庫後に行う、エクセルへの数値入力や計算、お客様への在庫数や現状報告などの作業に多くの時間がかかっていた 

システム導入の効果【在庫の自動管理が可能になったことで、作業工数の削減を実現】
自社だけでなく、お客様企業の担当者もシステムへ登録し、ログイン可能にすることで、在庫状況の報告業務を削減し、リアルタイムで在庫数を共有することが可能になった

【導入事例②】出荷業務における作業工数の削減

複数チャネルでの販売を行う小売企業B社様の場合

導入前の状況【実店舗への商品出荷作業が膨大なあまり、手が回らなかった】
実店舗とECサイトなど、消費者に販売経路を意識させない販売方法の「オムニチャネル化」を図るB社では、出荷先ごとの異なる業務が発生することもあり、作業数の多さに課題を抱えていた
とくに、実店舗への商品出荷の際に、実店舗での業務フローと同様にPOSから伝票発行、貼り付けを行う必要があった 

システム導入の効果【データの一元管理が可能になったことで、業務効率の大幅な向上を実現】
バーコード検品データを実店舗でのPOSサーバーにも対応させたことで、作業をよりシンプルになった。それまで実店舗出荷用に別途で行っていたPOS対応のハンディターミナルでの作業を削減し、作業工数、かかる時間を大幅に削減した
物流現場から離れた実店舗でも、在庫状況のリアルタイムでの確認やよりスムーズな情報処理が可能になった

クラウド型物流システムのカスタマイズ事例

クラウド型物流システムを導入する際の懸念点として、カスタマイズ性の低さが挙げられます。しかしながら、利用するシステムによっては、カスタマイズが可能な場合もあります。実際に、カスタマイズを行った事例をご紹介します。

【カスタマイズ事例①】システム導入後も、既存のテンプレートをそのまま利用

物流アウトソーシングを行う物流企業C社様の場合

導入検討時の懸念点【システム導入による顧客企業への影響】
システム導入後、既存のテンプレートが使用できなくなることで、発送代行を担っていた顧客企業に対しても、システム導入に伴う変更への対応を依頼しなければならないのでは…?

カスタマイズ内容システム導入に伴う、既存の業務フローの変更を避けるため、それまで使用していたテンプレートを継続して利用できるようにした

導入後の効果【顧客企業へのシステム導入に伴う変更を依頼せずに、システムを導入することができた】
物流システムの機能をカスタマイズしたことで、顧客企業は、それまでと同様の出荷指示で業務を遂行できるようにした。また、自社内では、情報や在庫の一元管理が可能になったことで、物流における作業工数を削減し、業務効率を改善することができた。

【カスタマイズ事例②】リアルタイムでの商品情報をより確実に伝達

企画や制作、運営、物流まで、企業のセールスプロモーションを行う物流企業D社様の場合

導入検討時の懸念点【顧客企業との連携が強化されるか】
モノの移動が激しく、且つよりタイトなスケジュールでの作業が求められるイベントの際にも、商品情報をリアルタイムで管理することができるのか…?
プロモーション企画の一環として各地で行うイベントの際に、「なにが・どこに・どのくらいあるのか」に関するより詳細な情報を得られるのか、顧客企業との連携がとれるのか…?
カスタマイズ内容商品情報の確実な伝達を実現すべく、通知メール送信機能を追加した 

導入後の効果【通知メール機能を追加したことで、商品情報のより正確な伝達が可能に】
イベント開催時の「物流倉庫→イベント会場→メンテナンス業者→物流倉庫」というモノの流れにおいて、常に「なにが・どこに・どのくらいあるのか」に加え、いつ該当商品が動くのかを把握する必要があった。そこで、「①指定アクションを行った際 ②(イベント担当者に向けて)商品の返却・出荷前日」に通知メールの送信機能を追加したことで、商品の状況を漏れなく把握できるようになった。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、クラウド型物流システム導入事例をご紹介しました。導入のハードルの低さや利便性など、メリットの多いクラウド型システムですが、カスタマイズ性の低さが懸念点として挙げられます。そのため、システム選定時には、オプション機能の有無やカスタマイズの可否などの点に着目することも必要となるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

倉庫管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。