ロケーション管理とは?フリーロケーションと固定ロケーションの違いから、改善施策まで紹介します。

倉庫業務において、ロケーションの管理は非常に重要な役割を持ちます。ロケーション管理の方法を見直すことで、課題を明らかにし、業務の効率化と改善を目指すことができます。そこで今回は、ロケーション管理について意味やその種類、改善施策を説明していきます。

ロケーション管理とは

そもそもロケーションとはこの場合、倉庫内の商品や材料の場所を示すものです。簡単に言うと保管場所を示す住所のようなものです。ロケーションを割り振ることによって、倉庫内の商品を見つけやすくし、データとして在庫を管理することも可能になります。

具体的には、倉庫内の柱やゾーンごとにエリア区分を作り、そのエリア毎に棚やラックを置いて、数字やアルファベットを振ることで、ルール付けを行い、誰でも場所が分かるようにします。床にそのまま置く平置きの場合でも、床に線を引き、ロケーションを割り振ります。

ロケーション管理の種類

ロケーション管理には大きく分けて二つの方法があります。以下では両方のメリットデメリットを交えながら、管理方法の特徴を説明していきます。

固定ロケーション

固定ロケーションは商品の種類ごとに保管するロケーションを固定しておく方法です。何がどこに保管されているか決まっているため、出荷時にすぐに取り出すことができ、担当者が場所を覚えていられることがメリットです。

ただし、決められた場所にしか保管できないため、スペースが空いていても他の商品を入れるということが出来ず、倉庫を最大限に活用することが難しくなっています。また、商品の入れ替えが多いと、そのたびにロケーションを決め直す必要があります。

シンプルでわかりやすい方法のため、倉庫のスペースに余裕があったり、商品の入れ替えや商品点数が少ない場合はおすすめの方法になっています。

フリーロケーション

フリーロケーションは空いている棚に商品を保管していく方法です。入庫時に保管場所を決定し、流動的に保管場所を変えていきます。この保管方法により、倉庫スペースの無駄をなくすことができ、収納効率を上げることができます。

しかし、フリーロケーションでは商品がどの場所にあるのかという紐づけのシステムが必要になります。どこに何を保管しているかが分からず、出荷時に探す手間とミスが発生しやすくなります。

フリーロケーションに関しては下記関連記事で詳しく説明しているのでご参照ください。

ロケーション管理のためのツール

ロケーションの管理は、様々なツールを使って行われています。

エクセルを使ったロケーションの管理

エクセルをロケーション管理に使用する最大のメリットは費用が無料になることです。エクセルでの管理では、手間がかかりすぎて遅れている、と思っている方も多いと思いますが、複雑な管理ルールや中小規模の商品の取り扱いであればエクセルで十分な場合が多いです。

エクセルでの管理はテンプレートがネットにいくらでも上がっていて、初心者でも真似をするだけでエクセルを使った管理を行えることが多いです。商品と備品の管理のルール作りをしっかりと社内で協議することも必要です。

アプリによるロケーション管理

スマートフォンアプリによるロケーション管理も可能です。多くは基本無料のアプリで、大量のデータは扱うことはできません。しかし、在庫データの確認が気軽に行え、倉庫内で場所を選ばずに記入が行えるというのは大きな魅力です。

また、アプリではバーコードを登録でき、ロケーション別の在庫をリアルタイムで把握することができ、同じアイテムが複数の場所に保管されていても、スムーズな出荷がみこめます。

在庫管理システムを利用したロケーション管理

複雑な在庫管理や大規模な在庫を管理する際に活躍するのが在庫管理システムです。倉庫レイアウトに合わせてロケーション番号を自動で生成することもでき、フリーロケーションにも対応しています。基本的に月額で料金がかかるようなシステムが多く、取引の規模によっても価格は変わります。

ロケーション管理改善施策

ここからはロケーション管理を改善し、業績アップを目指すための方法について紹介していきます。

分かりやすいナンバーを振り分ける

ロケーションはアルファベットや数字の組み合わせで表されることが基本的です。列、連、段の順番に番号を振り分けていきます。列はいくつかの棚が並んだ列を一列と数え、連はその列の中のどの棚かということを示します。そして段は、棚の中の何段目にあるかということを表し、これらにナンバーを振り分けることで、ロケーションは決定します。

なお、より大きな倉庫で管理している場合は、列よりも広いエリアやゾーンという区分けを作成し、番号を振ります。この番号を振る際に、誰が見ても覚えやすい記号を振るということに気を付ける必要があります。

適切なロケーション管理方法の選択

ロケーション管理には固定ロケーションとフリーロケーションの二種類の管理方法がありますが、自社の商品と倉庫がどちらの管理方法に適しているのかをよく検討する必要があります。

補充作業を考慮した保管場所の最適化

商品をピッキングするためのエリアと商品を補充できるように商品をストックしておくエリアを分けておくことで、ピッキングエリアをコンパクトにし、作業効率を挙げることができます。

しかし、この方法では定期的にストックしておくエリアからピッキングエリアに商品を補充する作業が発生します。頻繁に補充しなければならない商品や、商品自体が重く、持ち運びが困難な商品の場合はエリアを分けずに、ピッキング用の商品と補充用の商品をまとめて保管した方が良いでしょう。このように商品の種別によって保管場所もしっかりと検討する必要があるのです。

出荷頻度が高い商品のロケーション

出荷頻度の高い商品は作業開始位置や出荷口付近に配置しましょう。そうすることで。作業動線の短縮につながり、作業効率がアップします。また、頻繁に出荷される商品が一か所に集中することで作業場所が混み合ってしまわないようなロケーションの配置をする必要があります。

ピッキングミスを防止するために類似商品を離して配置する

類似商品が隣の棚にあったりするとどうしてもピッキングのミスが生じがちです。類似商品は離しておいておくことで、ピッキングのミスを減らします。逆に、一緒に出荷される商品は近くに配置することで、業務の効率化につながります。

ハンディターミナルの導入

ハンディターミナルは在庫データの収集に利用できる携帯端末です。持ち運びが容易で、バーコードだけでなく、文字認識も可能であるため、いちいち手書きでメモをとる必要がなくなります。詳しくは下記関連記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はロケーション管理に関してその種類、使用するツール、改善施策について紹介させていただきました。在庫の管理を改善することは、業績の向上に直結します。入荷時にどこに商品を置けばいいのか迷う、出荷時に商品を探してくるのに時間がかかるという課題をお持ちの方は、ロケーション管理について見直してみてはいかがでしょうか。

倉庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。