ディストリビューションセンター(Distribution Center)とは?TCやPCなどの物流センターと比較し徹底紹介!

Last Updated on 2021年9月7日 by art-mylogi

物流センターは主にディストリビューションセンター(DC)とトランスファーセンター(TC)、プロセスセンター(PC)の3種類に分けられます。特にディストリビューションセンター(Distribution Center)はその機能が年々進化し多様化しています。この記事ではディストリビューションセンター(Distribution Center)について、他の物流センターとの比較を交えご紹介致します。

この記事を監修した人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

ディストリビューションセンター(Distribution Center)とは?意味も併せてご紹介

一般的にディストリビューションセンター(Distribution Center)とは在庫を保管し、通販加工などを行う「在庫型物流センター」のことを指します。

ディストリビューションセンター(Distribution Center)では出荷業務や受注内容に合わせたピッキングや検品、梱包などの物流加工、指定納期に合わせた出荷といった作業を行います。

また、詳しくは後述致しますが、トランスファーセンター(Transfer Center)とは違い、一定期間在庫を保管します。そのため、製造業や卸売業では、顧客に対して素早い対応できることから、ディストリビューションセンター(Distribution Center)を利用する業者も多いです。

ディストリビューションセンター(DC)とトランスファーセンター(TC)、プロセスセンター(PC)それぞれの物流センターを比較!

トランスファーセンター(TC)とは「通過型物流センター」のことを指し、ディストリビューションセンター(DC)とは違い、在庫を停留させずにすぐ出荷します。日本ではクロスドッキングと表現することもあり、主に小ロットでの仕入れによるリスクの削減や在庫コストの削減などを実現しました。

一方、プロセスセンター(PC)とは、「加工型物流センター」のことを指し、高度な加工が必要な食料品などを管理する物流センターです。また、プロセスディストリビューションセンター(PDC)とも呼ばれ、スーパーマーケットやコンビニエンストストアに納品を行います。

ディストリビューションセンター(Distribution Center)のメリット

ディストリビューションセンター(Distribution Center)の特徴は何といっても大量の在庫を長期間保有できることにあります。

商品や製品を大口のロットで生産、購入することが可能になるため、製品や商品の1つあたりのコストが抑えられ、購入コストを抑えることができます。加えて、在庫を一定数保有できることから急なオーダーにも素早く対応することができます。

メリット・大口のロットによる一括購入が可能になるため、購入コストを減らすことができる
・急なオーダーにも対応可能

ディストリビューションセンター(Distribution Center)のデメリット

ディストリビューションセンター(Distribution Center)は大量の在庫を長期間保有できるようになる反面、その在庫を管理するために定期的にコストが発生してしまうというデメリットがあります。

具体的には、在庫を保管するスペースの費用や、定期的な棚卸などの資金管理が挙げられます。加えて、製品を大量に購入したのにも関わらず、売ることができなければ多くの損失を出してしまう危険性もあります。

ディストリビューションセンター(Distribution Center)の事例

ディストリビューションセンター(Distribution Center)は広大な土地と利用業者の利便性を確保するため、都心から少し離れた郊外に建てられます。ディストリビューションセンター(Distribution Center)の実際の広さや場所、設備などを事例を基にご紹介致します。

ESR市川ディストリビューションセンター

ESR市川ディストリビューションセンターは東京都心から20km圏内にあり、首都高や京葉道路などの主要道路が交差するに位置しています。ワンフロアあたりの賃貸面積は東京ドーム1個分にあたる約5万㎡で、延べ床面積は22.5㎡と広大な面積があります。

株式会社ESRの基本理念である「HUMAN CENTRIC DESIGN(人を中心に考えたデザイン)」を重視し、遊び心と健康促進を考慮したデザインが特徴的です。

そのため、ESR市川ディストリビューションセンターは物流センターにも関わらず、ボルタリングウォールが2カ所、デザインを凝らしたエントランスホールが4カ所、育児中の女性に社会参画の場として、託児所が整備されています。

近年のディストリビューションセンター(Distribution Center)はただの働く場ではなく、利用者や労働者の生活の一部としての機能を兼ね備えた施設となっています。

参照:ESR/千葉県市川市に22.5万㎡の巨大物流施設竣工

地域物流を支えるレジナルディストリビューションセンター(RDC)とは?

レジナルディストリビューションセンター(RDC)とはいわゆる「地域配送センター」のことを指します。ディストリビューションセンター(DC)とは大きな点で違いはありませんが、比較的小さな商圏を対象とします。

もともとは食品卸大手の三菱食品が提唱し、メーカー起点であった食品流通を消費者起点への転換を目指し、作られた中間管理ビジネスモデルです。

まとめ

いかがだったでしょうか。この記事ではディストリビューションセンター(Distribution Center)についてご紹介致しました。

ディストリビューションセンター(Distribution Center)では出荷業務や受注内容に合わせたピッキング、検品、梱包などの物流加工、指定納期に合わせ出荷するといった作業を行います。また、ディストリビューションセンター(Distribution Center)の大きな特徴として大量の在庫を長期間保有できることが挙げら、急なオーダーなどにも素早く対応できます。

この記事がトリビューションセンター(Distribution Center)を利用する際に参考になれば幸いです。

関連記事

・フリーロケーション(Free Location)で在庫を管理することのメリットデメリットについてまとめました
・ロケーション管理とは?フリーロケーションと固定ロケーションの違いから、改善施策まで紹介します。
・RFIDとは?仕組みや価格、導入事例などをわかりやすくご紹介いたします。

 

在庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

ECサイト運営 アートトレーディングサービス紹介動画