アパレル物流とは?3つの特徴やコスト削減方法、おすすめ物流会社5選まで詳しく紹介!

アパレル物流とは?3つの特徴やコスト削減方法、おすすめ物流会社まで詳しく紹介

Last Updated on 2021年11月18日 by art-mylogi

アパレル用品の物流では商品ごとに適切な管理方法や運送方法が異なり、検針や検品など手間がかかる作業があるためスムーズで正確に行うことが難しいなどの悩みを抱えている人が多いと思います。そこで、この記事ではアパレル業界の物流について3つの特徴や課題、コスト削減方法などを詳しく紹介をしてるので、是非この記事を参考にアパレル業界の物流に活かしてみて下さい。

この記事を監修した人

藤井 玲

2002年に楽天市場へ出店したことをきっかけに、EC支援サービスの提供をスタート。
累計18年、150社以上のサイト制作、運営経験を持つ。
一部上場企業のECサイトを10年間運営した経験から、運営全般、フルフィルメントの知見が豊富。
現在は、Shopify Expert Partnerとして、ECサイトの新規出店支援はもちろん、
売上改善や業務改善などのコンサルティングを手掛けている。

アパレル物流とは?

アパレル物流とは衣類やバッグ、シューズ、アクセサリーなどのアパレル商品を仕入れから運搬や保管までの一連の流れのことです。
アパレル商品は同じ種類の商品でもサイズやカラーが異なるため物流において管理が難しくなります。また、季節やトレンドなどの影響を受けて取り扱う商品は大きく変化していくのが特徴です。

アパレル物流の3つの特徴

季節やトレンドによって流通量が変化する

アパレル商品は季節やトレンドによって取り扱う商品が変化していくため、それに対応した管理をしていく必要があります。また、流通量も調整していかなければなりません。

商品ごとに適切な保管や運送が必要

アパレル商品に使われている素材は様々で、その商品に合わせた保管や運送をする必要があります。
また、気温や湿度の影響も大きく受けます。例えば湿度が高い場所で保管をしているとカビが発生したり、直射日光に当たり続けると変色したりします。
もし、適切な保管や運送ができていないと商品が劣化しお客様とのトラブルにつながることもあるため注意が必要です。

商品ごとに適切な梱包が必要

アパレル商品は商品の特性ごとに適切な梱包をしていく必要があります。例えばスーツやドレスは型崩れしやすい商品であるためハンガーにかけるなど、工夫をして配送する必要があります。
もし、不適切な梱包をしてしまうと品質が低下してトラブルや返品につながってしまうため、商品の特性ごとに適切な梱包方法をしていくことが重要です。

アパレル物流の課題

出荷までに時間がかかる

アパレル物流の課題として出荷までに時間がかかることが挙げられます。出荷までに時間がかかってしまうのは検品と検針という工程が物流業務にあるからです。
検品は汚れやほつれがないかなど商品として問題がないかを確認する作業です。検針は出荷する商品に針が混入していないかを確認する作業です。これはアパレル物流特有の工程となっています。この2つの工程が存在するため時間がかかってしまいます。

多店舗出店による在庫管理の複雑化

在庫管理は店舗数が多いほど複雑で手間がかかってしまいます。適切な在庫管理ができていないと注文を受けてからお客様にスムーズに商品が届かないといった問題につながってしまうため、適切な在庫管理体制を整えていく必要があります。

返品が起こりやすい

アパレル物流の特徴として返品が起こりやすいということが挙げられます。
具体的には「実際に着てみたらサイズが合わなかった」や「写真で想像してた色見と少し違った」など購入をしてから気付く場合が多いため、返品が起こりやすくなっています。
結果的にアパレル物流業務の負担が大きくなってしまうのが課題です。

アパレル物流ではどんなコストがかかる?

アパレル物流では先ほども紹介したように様々な工程があるため、多くのコストがかかってしまう傾向があります。ここでは具体的にかかる費用の種類について紹介していきます。

保管費用

保管費用は取り扱う商品や在庫が多いほどコストがかかってしまいます。
また、先ほど説明したように商品ごとの素材や特徴に合わせて保管方法を変えなくてはならない場合には通常よりも多くの費用がかかってしまうことがあります。さらに売れ残ってしまった商品を廃棄する費用がかかることもあります。

荷役費用

荷役費用は商品の出し入れをするときの仕分けやピッキングなどにかかる費用のことです。手作業で荷役を行わなければならない場合コストが高くなる傾向があります。そのため、作業内容の効率化を図ったり、システム化をしていくことが重要です。

梱包資材費用

梱包費用は商品によって異なってきます。大きさや強度など商品の性質に合わせて梱包をしていく必要があります。
そのため、大きな商品や慎重に取り扱わなければならないものは梱包コストが高くなってしまうことがあります。

配送費用

配送費用では遠方の配送や当日配送などは費用が多くかかってしまいます。自社に合った配送会社を選んでコスト削減を図ったり、配送拠点を考え直すことが重要です。

その他費用

その他費用としては検品や検針でかかる費用や返品費用などがあります。

アパレル物流のコスト削減方法

アウトソーシング

物流コストと手間を減らすためには他社にアウトソーシングすることがおすすめです。様々な物流業務を担ってもらえることから結果的にコストを削減することができます。
中にはアパレル物流に特化した会社も存在し、気温や湿度が管理された倉庫で商品にあった適切な方法で管理をしてもらえます。

実店舗とECサイトの在庫を一括管理

実店舗とECサイトの両方を運営していて在庫を分けて管理している場合には、一括管理することがコスト削減につながります。
物流倉庫を複数設けて在庫を分けて管理するとそれぞれの在庫の状況が把握しづらくなり、効率も悪くなってしまいます。また、物流倉庫が複数あるとコストが高くなってしまうため、在庫の一括管理がおすすめです。

おすすめアパレル物流会社5選

アートトレーディング株式会社

アートトレーディング株式会社は10年以上100社以上のECサイト運営実績を誇る企業です。そのECサイト運営の豊富なノウハウを生かし、物流業務も一貫してサポートします。
注目すべきは独自の受注・在庫管理システムである「mylogi」です。「mylogi」では複数倉庫管理やフリーロケーションの実現、棚管理など業務効率を向上させる様々な機能が揃っています。特にアートとレディング株式会社はアパレルのECサイト構築実績が豊富であるため、アパレル業界を理解した物流業務のサポートが可能です。

ジーエフ株式会社

ジーエフ株式会社はクライアントがもつ物流に関する悩みを解決するためにワンストップのサービスを提供しているのが特徴です。また海外拠点やグループ会社とのネットワークを活かしてアパレル物流業界で幅広く支持されています。

丸二倉庫株式会社

丸二倉庫株式会社には多くのエンジニアが在籍しており、クライアントの要望に合わせて最適な物流システムを構築してくれます。そのため、物流業務の効率を格段にあげることができ、在庫管理に関しても高い精度を発揮します。

株式会社トミーズコーポレーション

株式会社トミーズコーポレーションはアパレルに特化し、流通過程における作業に加えてカタログ作成や商品のプリント、Web広告までワンストップで任せることができます。
また、コストを低く抑えられるのが特徴で収益の確保を図ることができます。

中央株式会社

中央株式会社は様々な状態の荷受けに対応をしています。具体的には段ボールに入った状態やハンガーにかかった状態でも荷受けの対応が可能となっております。
また、検品ではベルトコンベア式検針機やX線検査を活用することで徹底した検品を行っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はアパレル業界の物流について3つの特徴や課題、コスト削減方法などを詳しく紹介してきました。この記事をアパレル業界の物流に活かして頂ければ幸いです。

関連記事

アパレルECの始め方!成功事例やメリット・トレンドをご紹介します!
フルフィルメントとは?業務内容やメリット・デメリット、サービス比較19選も含めて徹底解説!

EC管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

ECサイト運営 アートトレーディングサービス紹介動画