物流における ジャストインタイム(JIT)とは? 企業事例や3原則についてご紹介します

ジャストインタイム(JIT)と呼ばれる生産管理システムがあります。現在は生産管理だけではなく様々な業種でJITが導入されています。JITがどのような考え方なのか、導入する際のメリットやデメリットはあるのか、どのような事業が導入しているのか、ということをご紹介いたします。

ジャストインタイム(JIT)とは

ジャストインタイム(JIT)とは、「ジャストインタイム生産システム」と呼ばれる製造業で用いられる生産管理システムです。「生産過程の各工程で必要なものを、必要な時に、必要なだけ」という考え方をベースにした生産方式です「リーン方式」とも呼ばれています。このJITを導入したことで製造業において作業効率が向上し、業務の無駄を省くことに成功したため、今では製造業だけでなく現在では多くの業種導入されています。

ジャストインタイム(JIT)を行う意味

ジャストインタイム(JIT)とは「必要なものを、必要な時に、必要なだけ」生産するという考えの生産管理の方法です。当たり前のように感じますが、この考え方は株式会社トヨタ自動車の創業者である豊田喜一郎氏が発案し、当時は非常に革新的な考え方でした。自動車のような数多くの種類の部品を大量に取り扱う必要がある工場では生産効率の工場が必要でした。JITは必要なものしか作らないため不必要で余る無駄が無くなり、必要な時にしか生産しないため在庫を抱える心配がなくなります。そして、必要なだけしか作らないため無駄なく、短時間で生産をすることが可能となりました。そのためJITを導入する事で作業効率の向上が見込めるのです。

ジャストインタイム(JIT)の導入による物流業界の変容

ジャストインタイム(JIT)は多くの業種に導入されているの申し上げましたが、その最たる業種が物流です。配送管理の体制として「必要なものを、必要な時に、必要なだけ」のJITを導入し、配送スケジュールの効率化、多頻度小口配送、定時配送の遵守・欠品防止を目指すという考え方です。
物流に導入したことで、小売業において在庫の抱え込みは削減され、必要なものを必要な時に必要なだけ補充することができるため物流の問題点を明らかにしやすいというメリットがあります。
しかし、物流が止まってしまうと必要な量を補充することができなくなってしまうため在庫が無くなってしまうリスクが従来より高まること、必要以上にトラックに積載しないため一度の配送コストが高くなってしまう、トラックの運航の頻度が増えるため環境汚染の問題等デメリットも多く存在します。

ジャストインタイム(JIT)の三原則

JITの「必要なものを、必要な時に、必要なだけ」という考え方を成立させるためには以下の三原則が一定の生産品目が一定の生産量で流れ続けている「平準化生産」を前提として成り立っている必要があります。

ジャストインタイム(JIT)の三原則①後工程引取り

後工程引き取りとは、後工程では必要なものを、必要な時に、必要なだけ前工程から抜き取るという考え方です。前工程では後工程で抜き取られた分だけを生産し、補充することになる。これはスーパーマーケットの仕入れと同じ考え方です。要求量に応じて生産するので無駄がありません。

ジャストインタイム(JIT)の三原則②工程の流れ化

工程の流れ化とは、生産における作業工程が前後しないで、物が停滞せずに流れるように工程を設定する方法です。一見すると当たり前の様ですが、実際の工程では流れが定まっておらず、何かが流れを阻害している場合があります。その要因を洗い出し、解決していくことが工程の流れ化となります。

ジャストインタイム(JIT)の三原則③必要数でタクトを決める

必要数でタクトを決めるとは、生産の必要数に応じてタクトタイム(工程作業時間)を決定するということです。生産計画数に対し、必要生産数が少ない場合には余剰に生産をしている時間は時間と生産数の無駄が生じてしまいます。逆に、生産計画数に対し、必要生産数が多い場合には過小の生産となってしまい欠品するリスクが生じてしまいます。この無駄やリスクに対して対応するために、必要数でタクトを決定できる生産ラインが必要となります。

ジャストインタイム(JIT)とかんばん方式の違い

ジャストインタイム(JIT)について調べるとかんばん方式と比較されることが度々あります。しかし、この2つは全くの別物というわけではなく、JITを達成するための方法の一つがかんばん方式です。
かんばん方式とは先述の後工程引取りの方法となります。後工程が前工程から必要な分を抜き取った際に補充のために発注書を出します。この発注書が通称「かんばん」です。このかんばんに従い前工程は生産を行います。そして納品する際に物品だけでなくかんばんも納品書として一緒に納品をします。
かんばんが発注書として発注をされたら生産を行い、納品書として納品されたら物品を受け取るという流れがかんばん方式であり、これが後工程抜取りとなるためJITの三原則を達成するための方式となります。

ジャストインタイム(JIT)のメリットとデメリット

ジャストインタイム(JIT)を導入することで作業効率の向上が見込めるというメリットがありますが、それとは別にデメリットも存在します。ここではJITのメリットとデメリットを改めてご紹介いたします。

ジャストインタイム(JIT)導入のメリット

ジャストインタイム(JIT)の導入によって得られるメリットは以下の3つが大きく挙げられます

JIT導入のメリット・在庫量の適正化
・様々なコストの削減
・リードタイム減少によって販売機会の獲得


在庫量の過剰でも過少にもならず、適正化され必要な量だけを確保できるならば生産に関係する無駄なコストである過剰な原材料費や人件費、機械を動かすための光熱費などが削減することが可能となります。また、在庫を抱える心配がないために在庫管理のコストも削減することができます。
在庫過多を避けるためには受注を受けてから生産する方式を採択することで避けることができます。しかし、それではリードタイムが長期化し、販売機会を逃してしまう恐れがあります。そこでJITを導入することで必要な量を後工程が抜取り、その後に発注を受けてから生産するためリードタイムが短く、販売機会を逃しにくくなります。

ジャストインタイム(JIT)導入のデメリット

ジャストインタイム(JIT)のデメリットは以下の3つが挙げられます

JIT導入のデメリット・在庫切れのリスクの増加
・配送コストや品質管理コスト、導入コストの増加
・下請け業者の負担の増加


必要な量だけを在庫として管理をするため物流が滞った際に在庫切れのリスクが増加します。管理を徹底したとしても不測の事態に陥った際には部品不足で生産が止まってしまう恐れがあります。実際に2011年3月に発生した東日本大震災では物流が停止してしまったために甚大な被害がありました。
各種コストの増加に関しては、大量の配送を行わないために運送の回数が増加し、配送コストの増加につながることや、品質管理が徹底できていない生産ラインでは不良品の検品を行わなくてなならないために品質管理の手間増えることで品質管理コストも増加します。そして、JITを導入するために生産ラインの改善や改良を行うことで新たに発生するコストが大きくなりすぎてしまう場合には導入をしない方が良いでしょう。

ジャストインタイム(JIT)の導入事例

ジャストインタイム(JIT)のメリットとデメリットをご紹介いたしましたので次に実際にジャストインタイム(JIT)を導入した企業の事例をご紹介いたします。

ジャストインタイム(JIT)を導入している企業事例①
大手運輸業「ヤマト運輸株式会社」

ヤマト運輸株式会社では物流にジャストインタイム(JIT)を導入し、「JITBOXチャーター便」というサービスを提供しています。こちらは少量の荷物でトラックを貸切る必要がない場合の輸送のための法人向けサービスです。こちらは梱包が不要で環境に優しく、トラック1台を貸切る程荷物がないときに利用できるため配送コストを減らすことができます。
また、時間指定が可能なためJITの「必要なものを、必要な時に、必要なだけ」という考え方をサービスに導入している事例となります。

ジャストインタイム(JIT)を導入している企業事例②
大手コンビニエンスストア「株式会社セブン-イレブン・ジャパン」

「必要なものを、必要な時に、必要なだけ」を導入した事業といえばコンビニです。株式会社セブン-イレブン・ジャパンは日本にいち早く「欲しいものを、欲しいときに」購入することができる便利な販売店ですが、これもJITを導入した事例です。また、廃棄する商品が出ないように一度の配送量を減らし、1日に回数を分けて各店舗に配送をしています。この配送の方法もJITの考え方を取り入れています。

まとめ

ジャストインタイム(JIT)は元は製造業における生産管理システムの考え方でしたが、その考え方は形を変えずに様々な事業の運営方法として反映されています。JITにはメリットとデメリットどちらも存在していますが、作業効率の向上を目指す場合にはJIT導入することも手段の一つです。

【関連記事】

かんばん方式(看板方式)とは?在庫管理での運用方法やメリット、デメリットをご紹介!

リードタイムが示すのは?短縮方法やメリット・デメリットもご紹介!

倉庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

ECサイト運営 アートトレーディングサービス紹介動画