輸配送管理システム(TMS)とは?配送管理システム10社比較

Last Updated on 2021年8月18日 by art-mylogi

業務工程の見える化、実車率削減、コスト削減などの目的に沿って輸配送管理システム(TMS)の導入を選ぶ企業が多くなってきています。
今回は多種多様なTMSの機能やメリットなどについて詳しくまとめてみました。

TMSとは?

輸配送管理システム(TMS)とは地図上での配車・配送計画を軸に積付、輸配送進歩管理、運輸管理などを行います。
配車に関する業務をトータルソリューションする事で、配車計画や運行計画をより効率的にしたり、コスト削減を実現する事ができます。
よってサービス向上、品質向上などのメリットにも繋がります。
こうしたTMSには様々な切り口があり、データの算出方法や管理方法の特徴がシステム会社によって異なりますが、主にどんな機能があるのか詳しくご紹介します。

配車管理

納品先や納品時間、物量などで最小車両数や最短距離などを自動的に算出します。
そのデータをもとに最も最適な業務フローが組み立てられていくので、この機能は最も重要とも言えます。

輸配送業務の管理

GPSなどを使って各車両の位置情報や状況把握を行います。
渋滞状況把握やトラブル対応もしているので、随時ドライバーへの指示出しやコミュニケーションツールとしても使用できます。なので万が一の時には追加車両の手配なども行っているため、安心できます。
また運賃管理も行っており1トラックあたりの運賃計算、請求まで管理してくれます。

日報、月報、各帳票作成

配送指示書、発注書などの各帳票作成したり、日報や月報などもシステム上で作成してくれます。

貨物追跡システム

送り状に番号を自動入力してくれます。
荷物が今どこでどのような状況なのかを配送業者のサイトから確認する事ができます。

実績の管理と分析

ドライバーの実績を日報のような形で逐一自動で作成する事ができます。
この機能により、安全運転やエコ運転などを心がける事ができるだけでなく業務に無駄が生じていないか確認する事ができます。

クラウド配送システムとは

サーバーをお客様が用意する事なく、導入時の費用や手間を大幅に削減する事ができます。
また、導入にあたって新しいパソコンに買い替える必要もなく、今使っているパソコンに導入可能です。

クラウド型配送システム選定ポイント

✔︎自社のニーズとマッチするシステムか
ベンダーの実績や傾向から技術量を考察しましょう。また、提供されるサービスが自社の課題をどこまで解決してくれるのか、要望に応えてくれるのかも大切です。

✔︎管理画面が使いやすいか
管理画面において難しかったりわかりにくい操作を必要としないか確認しましょう。
管理を簡単にするためのシステムのはずなので、状況把握を瞬時にできるかつ、使いやすいシステムかどうかは重要です。

配車システム比較ポイント

✔︎配車システムの分類
配車システムには3つの分類があります。
まずは配車管理システムです。
配車計画・運用計画を作成する目的のシステムで車両の管理をシステム上で行えます。
次に自動配車システムです。
効率的な配送ルート作成を目的としていて、AIによる解析やアルゴリズムを活用して配送先への最適ルートを導き出します。リアルタイムの道路交通情報も把握できるので、ドライバーにとって使いやすいシステムです。
最後は車両管理システムです。トラックを複数台所有している方におすすめで、
車両の運行情報・位置情報などを各地の各車両毎にわかりやすく管理する事ができます。

導入にあたって、自社のニーズがまずどの分類にあるのかを明確にしてみましょう。

✔︎デバイス
業者による設置作業など車両への導入が複雑だとトラブルの原因にもなりますが、
スマホやシガーソケット差し込みタイプ、カーナビタイプなど簡単な設置ができるデバイスを選ぶとそのような事はありません。メンテナンスも簡単いできるので、より長い期間安心して使う事ができます。

✔︎運行管理者やドライバーにとって使いやすいか
管理方法やシステムの操作性が使いやすいかどうか。また、日報・月報などが簡単に記入できるようなシステムかなど、利用する側がストレスフリーであるかも重要なポイントです。
また、サービスによってデバイスの買取やリースなどを選べる場合もあります。

配送管理システム厳選8社

それではここで配送管理システム8社をご紹介致します。

LYNACLOUD(ライナクラウド)


AIの分析により、配送ルートを最適化できるシステム。

導入負担が少なく、カスタマイズ性にも優れています。
また、複数日にまたがる配送でもわずか数分で自動算出できるメリットもあります。

使えるくらうど配車管理

現場の状況をリアルタイムで確認する事ができ、クラウド上で受注や配車管理業務も同時に行えます。各帳簿作成機能もついているので、業務効率化にも役立ちます。

Loogia

クラウド型の自動配車システムです。
AIによる統計解析とリアルタイムの渋滞や事故状況などの道路情報を把握でき、配送先への最適ルートをあらゆる側面から算出します。
導入も簡単で、配送実績データの作成も可能です。

Cariot

導入負担が少なく、業務に合わせてカスタマイズする事も可能です。
車載デバイスによって危険運転を感知するなど、ドライバーの安全管理も行えます。

SmartDrive Fleet

簡単に設置できる車両管理システムです。
リアルタイムで位置情報管理をしたり、安全運転診断、乗務記録作成機能などを搭載しています。

トラックメイト配車Pro

ドラッグ&ドロップ方式での簡単管理操作ができます。
業務効率化のために使いやすさに特化したシステムなので、パソコンが苦手な担当者でも扱えます。

Vehicle Manager

NTTコミュニケーションズ株式会社が提供するシステムです。
デバイスフリーで管理ができ、クラウド型なのでサーバーの管理や運用費用削減にも役立ちます。

PRIME TMS

PRIME TMSもデバイスフリーで扱えます。
受注形態別の配車計画が可能で、収支管理も簡単に行う事ができます。

sora

車両手配する際にの空き状況確認、予約やキャンセルまで行う事ができます。
iPadやiPhoneとも連携できるので、場所を選ばずいつでも管理できます。
費用は月々払いのため、解除も簡単にできます。

配車マスター

車両の手配がボタン一つで素早くでき、ユーザー間での情報交換も可能です。
ドライバーにより実行系業務もリアルタイムで管理できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
配車管理システムには配車計画の作成だけでなくいろいろな種類や機能がついているという事をおわかりいただけたのではないのでしょうか。
これから導入をお考えの方の一助となれば幸いです。

物流管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

ECサイト運営 アートトレーディングサービス紹介動画