コールドチェーンとは?歴史やメリットや課題、市場規模について解説します!

インターネット通販の成長は様々な分野で現れています。中でも食品ECは大きな成長の余地を残した業界です。そこで今回は食品ECにおいて課題とされてきた生鮮食品の配送を可能にするコールドチェーンについてそのメリットや課題を紹介します。

コールドチェーンとは

コールドチェーンとは、生産地から消費地まで低温を保って流通する仕組みのことです。これにより、生鮮食品の広域輸送と長期間の保存ができるようになりました。また、生鮮食品だけではなく、低温保管が必要な医薬品などにも使用されています。

温度変化の少ない輸送や貯蔵方法が日々考えられており、品質を保つ冷却方法など様々な工夫が凝らされています。生産から運搬、保管までのプロセスを低温のままつなげていくことから、コールドチェーンと呼ばれるようになりました。

コールドチェーンの歴史

コールドチェーンは古くから考えられてきた仕組みです。食材を遠くに運ぶことで利益を出すことができますが、長距離輸送は商品を悪くしてしまうというジレンマに陥っていました。

「日本書紀」の時代から、食材を氷の中に入れておくことで保存するという手法が存在したということが明らかになっていますが、事業として日本で冷凍輸送が始まったのは1958年のことでした。福岡県の福岡運輸が日本で初めて冷凍車を作成し、冷凍・冷蔵での食品輸送を事業化することに成功しました。

1961年ごろから、政府は国民の健康促進のためのコールドチェーン推進事業を開始しました。というのも、当時の国民の食事に足りていないと言われていた動物性食品や生鮮野菜はともに腐敗しやすいという特徴を持っており、低温輸送により家庭にそれらの食品を届けることを目標にしたからです。

現在は様々な分野で冷凍輸送が使われており、冷凍輸送の世紀と呼ばれるほど需要が高まっています。また、コールドチェーンの運営において食品の安全性に関わる国際標準「HACCP」や法令が制定されているため、それらを遵守しながら運営を続けていかなければならないのです。

コールドチェーンの市場規模

世界的にコールドチェーンの市場規模は拡大しています。2020年には、2338億ドルの市場規模であり、2025年には3403億ドルにまで拡大すると予測されています。最も伸びが期待されているのがアジア太平洋地域であり、人口の多い発展途上国の市場が鍵となっています。

またコールドチェーンの発達は、冷凍食品の輸送を可能にしました。日本の冷凍食品のクオリティは高く評価されており、年平均で1.8%市場規模を拡大している業界でもあります。

参照:世界の市場調査レポート

コールドチェーンのメリット

生鮮食品の広域への輸送が可能になる

今まで一部の地域でしか食べられなかったような食材を遠隔地でも食べられるようになり、地元の名物が全国で販売される商品となることもあります。また、日本で海外の生鮮食品を食べられたり、海外に輸出することも可能になります。現在の生活の中でコールドチェーンは欠かせない存在となっているのです。

食品廃棄の大幅削減

常温流通と比較すると、食品の鮮度保持期間が圧倒的に長くなるため、輸送や保管などの段階で食品をダメにしてしまうリスクが下がります。従来の方法では、流通段階で発生していた食品廃棄のロスをコールドチェーンにすることで大幅に削減することができます。

医療関連の流通

コールドチェーンが影響を与えたのは食料品だけではなく、医療業界にも大きな影響を与えました。ワクチン製剤や血液パックなど低温管理が必要な医療品を全国に流通させることができます。これらの医療品は一定の温度を上回った時点で廃棄されるため、慎重な保管が必要です。このように、医療業界においてもコールドチェーンの果たす役割は大きくなっています。

コールドチェーンの課題

温度管理の難しさ

コールドチェーンは、生産地から消費者の手元に届くまで、全ての工程で一定の低温度での管理が必要になります。どこかの段階で温度管理に失敗してしまうと消費者に高品質な商品を届けることができなくなります。

輸送の中間地点において人為的ミスによって常温輸送用の管理をされた商品が全て廃棄になってしまった、という例もあります。青果の卸売市場などでは、たくさんの商品が常温状態で山積みになっておかれている光景はよく見られます。このように、コールドチェーンは商品を扱うすべての人が管理方法を理解しておく必要があり、一貫した温度管理の難しさが分かります。

コスト面での課題

コールドチェーンは、生産から消費者のもとに届けるまで全ての過程において温度管理が必要になります。そのため流通体系を整備する際に多額のコストがかかってしまいます。自前のコールドチェーンを構築使用と思った場合は、さらに多額の初期費用がかかるでしょう。そのため、大規模な輸送でなければ、既存の物流会社にアウトソーシングしてもらうのも良いでしょう。

コールドチェーンのシステムの流れ

コールドチェーンの各過程の流れを説明していきます。それぞれの過程ではどのような仕組みが必要なのかを具体的に紹介します。

生産の過程

野菜や果物などの青果の流通を考えた場合、「予冷」を最初に行います。予冷は出荷前に行われる低温処理のことを指し、その後の品質の持続性に関係します。予冷後の青果は特別な冷蔵庫で適切な保管を行う必要があります。

また、肉や魚などの流通は、冷凍を最初に行います。この時に、ただ冷凍するだけでは細胞を壊し、品質の低下につながります。そこで、品質を保ったまま冷凍を可能にする急速冷凍機が必要になります。コールドチェーンにコストがかかるのは、このような専用の機械を用意する必要があることも理由になります。

流通の過程

生産地から消費者の元まで輸送する過程です。コールドチェーンの中で最も重要な過程といえるでしょう。生産地から一定の温度を保つために冷蔵・冷凍車で輸送します。中継地点の倉庫も低温保管が可能な拠点である必要があります。トラックだけでなく、船舶や航空機による低温保存も可能であるため、輸送の際の選択肢に入れておくと良いでしょう。

このような輸送は従来大きなコストがかかっていましたが、大手流通企業の工夫によって常温輸送とそこまで差がないコストで輸送を実現することができています。

消費の過程

商品が消費者のもとに品質を保持したまま届けることに成功してからの過程です。消費者のもとに届いたとしても、商品はすぐに消費されるわけではありません。しばらくの間、一般住宅の冷蔵庫や飲食店の業務用冷蔵庫で保管されます。コールドチェーンは消費者の手に渡った後も冷凍保管しやすいようなパッケージであったり、傷みにくい商品を作成する必要があります。

最近では一般の家庭の冷蔵庫もチルドやパーシャル保存など、様々な機能が搭載されており、それらを加味して、家庭でどのように保存すればいいのかなどの指示を商品を通して出すような工夫が求められます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は生鮮品の広域輸送を可能にするコールドチェーンについて紹介させていただきました。コールドチェーンが影響を与えるのは食品だけでなく、医療業界など様々な業界が影響を受けました。そのため、近年コールドチェーンは大きな注目を受けており、様々な形での発展が見込まれます。これからの伸びにも期待ができるコールドチェーン、是非ポイントを押さえて活用していきましょう。

倉庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。