月別アーカイブ: 2021年4月

棚卸差異とは?棚卸差異率の許容範囲からその影響までわかりやすく解説致します!

ECサイトを運営する場合、商品の受注から発送までの業務はECサイト運営者の手に委ねられます。そのため、EC運営者には高い在庫管理能力が求められます。
この記事ではECサイト運営者に関わらず、在庫管理を行う事業者が直面する課題である棚卸差異についてご紹介致します。

棚卸差異とは?

棚卸差異とは、自社が保有している在庫の金額を計算する棚卸しの際に、帳簿に記載されている在庫数と実際に倉庫内にある在庫数に差異があることを指します。数多くの部品を取り扱う製造業の現場やスーパーなどの棚卸しの際によく起こるトラブルです。

棚卸差異の影響

「(実際の在庫数-帳簿上の在庫数)÷帳簿上の在庫数」を表した棚卸差異率という数値があります。この棚卸差異数が10%を超えた際、場合によっては営業利益が2%程度変化します。

そのため、棚卸差異が発生している企業は速やかにその原因を特定し、改善する必要があるでしょう。

棚卸差損・棚卸差益

棚卸差異には2つの種類があり、棚卸差異率がプラスの数字の場合を「棚卸差益」、棚卸差異がマイナスの数字の場合を「棚卸差損」といいます。例えば、帳簿上に記載されている在庫数が100個、実際の倉庫にある在庫数が95個だったとします。この場合は棚卸差異率は-5%となり、棚卸差損が発生しているといえます。

また、棚卸しをする際にこの棚卸差損と棚卸差益を混合しないように商品や製品ごとに分けて計算することが求められます。

棚卸誤差率の許容範囲とは?

棚卸差異率の許容範囲は一般的に5%までとされています。もちろん、棚卸差異は少なければ少ない方がいいです。棚卸差異が5%程度ある場合ももちろん改善をする必要があります。では棚卸差異を無くすためには具体的にどのような対策が必要なのでしょうか。

棚卸差異が多い場合に注意すべきポイント

棚卸差異が発生している場合は速やかな原因の究明と改善が求められます。棚卸差異が発生している際は一般的に以下のようなミスが考えられます。

・入力に関するミス
・伝票処理漏れに関するミス
・現品管理に関するミス
・仕入れ先のミス

では上記のミスが発覚した際はどのような対応が求められるのでしょうか。項目ごとに解説致します。

入力に関するミスを減らす

棚卸差異が発生する原因としてまず、挙げられるのが入力に関するミスです。特に入力場所を間違えるミスは多いため注意が必要です。ミスを起こさないために管理シートを作ることはもちろんのこと、ダブルチェックなどのミスが起こることを前提とした管理体制が必要となってきます。
また、そもそも入力を忘れてしまうというケースもあります。商品や製品の入荷時には入力を後回しにしないようなルールを設定するなどの工夫が求められます。

伝票処理漏れに関するミスを減らす

伝票処理漏れに関するミスも在庫管理に在庫を管理する際によく発生するミスといえるでしょう。入力されない伝票が発生しないように伝票処理は管理番号をふり、ダブルチェックを行うといいでしょう。

また、みなし出庫を行っている場合は棚卸差異は高い確率で発生してしまいます。上述致しました通り、棚卸誤差が発生しているということは営業利益などの数値にも誤差が発生してしまいます。
伝票処理は倉庫内の在庫がきちんと管理されているかを知る上でも重要な作業工程になるので正確に行う必要があるでしょう。

現品管理に関するミスを減らす

管理する商品や製品が多い場合は現品管理に関してどうしてもミスが増えてしまいます。例えば、スーパーや製造業の現場では棚卸しの際に帳簿と数が合わないなどというトラブルが発生することが多いです。

そこで現品管理に関するミスが多い場合におすすめしたいのが、「3定管理」という管理方法です。「3定管理」は製造業の現場ではよく取り入れられており、世界の自動車業界のトップであるトヨタをはじめ、多くの企業で導入されている管理方法です。

「3定管理」では定められた位置に、定められた品物を、定められた量を置くことを徹底することでモノを管理します。特に多くの商品や製品を管理する事業者には高い管理能力が求められます。そのため、製造業の現場の基本といえる「3定管理」はもちろんのこと「4定管理」や「5艇管理」といった管理方法を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

仕入れ先のミスを減らす

棚卸差異の原因は会社内部にあるとは限りません。仕入れ先が発注した個数とは違う個数をケースもあります。発注した商品が指定通りの数あるかどうか確認することも重要です。

棚卸差異報告書の活用

棚卸差異は在庫管理をする際、ほぼ確実に発生します。棚卸差異率を少しでも下げる方法として、棚卸し終了時には棚卸差異報告書を作成し、在庫管理に関して見直す必要があるでしょう。加えて、倉庫管理、在庫管理に関して人員コストを割く余裕がないなどいった場合は、在庫管理業務をアウトソーシングすることも可能です。

また、近年では人為的ミスの削減や作業の効率化をするために、最新技術を駆使した自動倉庫なども登場しています。棚卸差異の発生を防ぐために機械化を図ることという選択肢も有効です。

まとめ

いかがでしたでしょか。この記事では棚卸差異についてご紹介致しました。
棚卸差異は在庫管理を行う上ではほぼ確実に発生してしまいます。しかし、棚卸差異が発生すると、算出している営業利益にも誤差が生じます。
棚卸差異率の許容範囲は5%です。5%を超える差異がある事業者は在庫管理に関してすぐに業務改善をする必要があるでしょう。
この記事が在庫管理業務を改善する際に、お役に立てば幸いです。

関連記事

物流管理とは?目的や課題など、基礎知識をご紹介!
出荷管理とは?出庫との違い、物流における出荷業務や改善方法を解説!

ECサイトにおいて誤出荷が起こる原因とそれに対する対策などを徹底解説!
ロット管理とは?在庫管理におけるメリットをご紹介
エシェロン在庫とは?ブルウィップ効果も含めて解説します。
AIが解決する物流の課題!ヒューマンエラーの予防やビジネスの最適化に役立つAIについて解説します。

倉庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

運送業界の人手不足問題とは?人手不足の原因や解決策も含めて徹底解説

最近、エンジニア業界や宿泊業界、飲食業界など様々な分野で人手不足が当たり前のように問題になっていますが、運送業界もその影響を受けている業界の一つです。そこで本記事では、運送業界が人出不足に陥っている原因やその解決策、コロナ禍での運送業界の実情などをご紹介いたします。

[国土交通省2020]運送業におけるドライバー不足問題とは?

運送業界では人手不足が問題になっています。2020年度においては約14万人、2030年度には約27万8千人ものドライバー不足が発生すると予測されています。このような深刻な労働力不足に陥る恐れがあり今後、物流の停滞などを招きかねない状態になっています。

またeコマースの拡大により多頻度小口配送が主流になり、少量の商品を頻繁に配送することが増えました。この配達頻度の増加はドライバー不足によって生じる課題に追い打ちをかけています。

参照:国土交通省2020「物流を支える大型車の現状と今後について」

運送業で人が入ってこない原因とは?

運送業で人出不足が問題になっていますが、なぜ運送業界には人が入ってこないのでしょうか?原因は主に2つあります。「長時間労働の蔓延」「労働環境が悪いという業界イメージ」の2つです。以下で詳しく解説いたします。

「長時間労働の蔓延」

ドライバーの労働環境は年々改善されてきてはいますが、依然として長時間労働が蔓延していることには変わりありません。ドライバーの労働原則は13時間以内とまだまだ長時間労働なのが実情です。また、人手不足で決まった時間に仕事が終わらず、結果的に13時間以内という労働原則を超えてしまうようなドライバーも少なくありません。

「労働環境が悪いという業界イメージ」

運送業に人が入ってこない原因として「運送業に対して労働環境が悪いというイメージがある」ことが挙げられます。近年、大手の運送業者を中心に労働環境が注目されているため、運送業界は労働環境が悪いというイメージがついています。具体的には長時間労働の蔓延や低賃金です。このような業界イメージが先行してしまい、ドライバーを志望する人は少なくなっています。

ドライバー不足解消・解決策とは?

それでは、どうすればドライバーの人手不足は解決されるのでしょうか?解決策としては4つの方法が挙げられます。「女性ドライバーの採用強化」「労働環境の改善」「配達の効率化」「物流アウトソーシングの活用」の4つです。以下で詳しく解説いたします。

「女性ドライバーの採用強化」

ドライバーの女性比率は2%と言われています。そのため、女性の雇用を促進することでドライバー不足問題は好転すると言われています。そこで、国主導で女性ドライバー採用を強化するために運送業界のイメージ改革を図るための「トラガール促進プロジェクト」が進められています。

そのほかにも女性ドライバーの採用を増やすためには、産休・育休制度の充実などの女性が働きやすい環境作りも重要です。

「トラガール促進プロジェクト」の詳しい情報はこちら

「労働環境の改善」

運送業界は長時間労働が蔓延しており、とても労働環境が良い業界とは言えません。そのため長時間労働の改善、評価制度の見直しなどドライバーが不満に思っていることを改善することで、ドライバーの応募数増加が期待できます。

「配達の効率化」

配達の効率化を図り必要などドライバー数を減らすことで、ドライバー不足を解消できる可能性があります。昨今のEC事業の拡大により多頻度小口配送が主流になり、少量の商品を頻繁に配送することが増え、配達の効率が悪くなっています。

そのような状況下で配達の効率化を促進するのはドライバー不足を解消する1つの手段です。そこで配達の効率化のための施策として「共同配送」や「積載率の向上」「ルート最適化」などが現在注目されています。

「物流アウトソーシングの利用」

ドライバー不足問題を解決する方法として「物流アウトソーシングの活用」も有効です。物流アウトソーシングを活用し誤出荷をゼロにして、無駄な発送機会を減らすことでドライバーの仕事効率を向上させることができます。また、物流アウトソーシングを利用することで複数倉庫管理やフリーロケーション管理などを行い、物流全般の効率化を図ることもできます。

コロナ渦でのドライバー不足の実情

ここまで、運送業界でドライバーが不足しているという実情をご紹介いたしました。しかし、新型コロナウイルスの拡大によって運送業界は変化しました。新型コロナウイルスの拡大によって経済が低迷しています。そこで世界の物流量が減少することでトラックの稼働率が下がり、これまでの状況とは一変して運送業界の人手が余るという事態になっています。

コロナで運送業の人出不足は解消されるのか?

新型コロナウイルスが流行する以前はドライバー不足に悩まされていた運送業界ですが、新型コロナウイルスが流行すると世界の物流量が減少し、ドライバーが余ると言う事態になっています。

それでは新型コロナウイルスの影響で運送業の人手不足は解決されるのでしょうか?確かに新型コロナウイルスによって一時的に物流量が減り、ドライバー不足は解消しましたが、これから徐々に物流量が戻ってくると再度ドライバー不足の問題は浮上します。

そのため、本記事の前半部分「ドライバー不足解消・解決策」でご紹介した「女性ドライバーの採用強化」や「運送業界の労働環境の改善」、「配達の効率化」、「物流アウトソーシングの活用」などに積極的に取り組むのがドライバー不足を解消する一番の近道だと言えるでしょう。

まとめ

本記事では、「運送業界での人手不足」についてご紹介いたしました。
物流システムは我々の生活に必要不可欠です。運送業界での人出不足を解消しなければ、物流の停滞を招きかねません。そのため、本記事でご紹介した「女性ドライバーの採用強化」や「物流アウトソーシングの活用」などに注力し、人手不足を解消することが急務になっています。

関連記事

物流業界が抱える課題とは?改善策や今後の動向についてもご紹介!
物流管理とは?目的や課題など、基礎知識をご紹介!
物流管理システムの機能や費用、メリット・デメリットについてまとめました

倉庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

ハブアンドスポークシステムとは?導入企業事例なども含めて徹底解説。

物流業界における重要な用語の1つに「ハブアンドスポークシステム」があります。ハブアンドスポークやハブ空港といった言葉を聞いたことはあるけれど、その用語をしっかりと理解している方は少ないのではないでしょうか。
そこで本記事では、ハブアンドスポークシステムについて、メリットやデメリット、ハブアンドスポークシステムを導入している企業事例なども含めて解説いたします。

ハブアンドスポークシステムとは?

ハブアンドスポークシステムとは中心拠点(ハブ)に貨物を寄せ集め、それぞれの拠点(スポーク)に分け、運搬する輸送方式のことです。自動車のハブ(車輪の中心)とタイヤに向かうスポークに見立てたものから命名されました。

大拠点のハブからスポークを放射状に流すことで、航路が膨大な直行便を削減できます。また、近年では交通や船舶輸送、各地の在庫センターの貨物を集配する仕組みにも利用されています。

日本ではクロネコヤマトの生みの親である小倉昌男氏が宅急便産業に参入する際に、ハブアンドスポークシステムを基礎とした集配のネットワークを築きあげました。また、ハブアンドスポークはインターネット型VPN(Virtual Private Network)を構築する上でも重要な考え方になります。

ハブアンドスポークシステムのメリット・デメリット

ハブアンドスポークシステムを導入することの一番のメリットは路線数が大幅に削減でき、積載率も向上することです。その他のメリットとしては、輸送単位当たりのCO2排出量の削減や輸送距離短縮によるドライバーの拘束時間の削減などが挙げられます。デメリットとしては中心拠点(ハブ)に問題が発生すると、全ての輸送機能が止まる可能性があることが挙げられます。

ハブアンドスポークシステムの具体例

先ほど、ハブアンドスポークのメリット・デメリットを紹介いたしました。
ここからはハブアンドスポークシステムは実際にどんな業界で、どのようにして利用されているのかについて解説いたします。

[ハブアンドスポークシステム] 航空業界

ハブアンドスポークシステムは空港便で広く活用されています。航空業界でカギとなるのはハブ空港です。ハブ空港とは、人や物がそれぞれの目的地に向かって乗り換えや積み替えができるような高域航空路線網の中心地として機能する空港のことです。

ハブアンドスポークシステムを活用したハブ空港は、旅客の乗り換えもしやすくなったり、長距離便の中継地として航空路線網の中心として機能したりと航空業界で大いに活躍します。また、全米の貨物は航空機でアメリカの中心部に位置するメンフィスのハブ空港に集められ、そこで目的地別に仕分けられ、帰りの飛行機で全米の各地へ輸送されています。

[ハブアンドスポークシステム] 交通ネットワーク

ハブアンドスポークシステムは交通ネットワークにおいても活用されています。交通ネットワークにおけるハブアンドスポークシステムはハブに荷物を集め、各地の集配拠点別に仕分けをし、顧客に配送します。中継拠点を設置することで、長距離の配送がなくなりドライバーの負担が軽減されるほか、CO2排出量も減るので地球にも優しいのが特徴です。

[ハブアンドスポークシステム] 海運業界

ハブアンドスポークシステムは国際海上コンテナ輸送においても活用されています。大型のコンテナ船がその地域の中心のハブ港湾に集結して、貨物を小さなコンテナ船に受け渡し、周辺の港湾に個別で輸送します。

ハブアンドスポークシステムを導入している企業事例2選

先ほど、ハブアンドスポークシステムは航空業界や交通ネットワーク、海運など様々な業界で活用されていると解説いたしました。
ここでは実際にこれらの業界で活躍しているハブアンドスポークシステム企業事例を2つ紹介いたしました。

[ハブアンドスポークシステムを生み出した企業] フェデックス

フェデックスは米国テネシー州に本社を置く、世界最大級の物流企業です。創設者であるフレッド・スミス氏が学生時代、経済学のクラスでハブアンドスポークシステムの案を提出したことが事の発端とされています。

フェデックスの沿革としては、1973年、テネシー州のメンフィス国際空港でに拠点を移し、ダッソーフィルコン20を使用した米国主要の25都市への翌日配達サービスを開始しました。また、2016年にはオランダの国際物流王手の「TNT Express」を買収し子会社化するなど、さらに会社を大きくしています。

[トータル輸送サービスの日本企業] ハブアンドスポーク物流

「ハブアンドスポーク物流」は印刷物の輸送、流通加工、全国発送など印刷物に特化したトータル輸送サービスを展開している企業です。主なサービスは、印刷物輸送です。シュリンク包装やトライオートなどの流通加工、アウトソーシングから全国発送までニーズに合わせた様々な輸送サービスを展開しています。

一貫した体制によりコストダウン・納期短縮などの顧客のニーズに合わせた対応も行っています。また、輸送サービスだけでなく各種機密書類の保管、溶解処理まで機密書類のサポートサービスも提供しています。

[ハブ空港] 日本の空にハブアンドスポークシステムは必要か?

日本では成田空港や羽田空港がハブ空港としての機能を果たしています。しかし、両空港は世界各国の有名なハブ空港と比べると、まだハブ空港として十分に機能しているとは言い難いです。

また、最近は「日本の空にハブアンドスポークシステムは必要か不必要か」という議論があります。「すでに多くの地方空港が羽田空港依存型であるため、さらに大きなハブ空港が必要である」といった意見や「ハブ空港の存在が大きくなりすぎると、ビジネスユーザーにとって不便なのでハブ空港は不必要である」という意見など様々な議論がされています。

まとめ

今回は、ハブアンドスポークシステムについて紹介いたしました。本記事でもあったように、ハブアンドスポークシステムは航空業界や交通ネットワークで大きな役割を果たしています。この記事がハブアンドスポークシステムを学ぶ際に役に立てば幸いです。

関連記事

物流システムとは何か?現代におけるその機能や種類を徹底解説!
物流業界が抱える課題とは?改善策や今後の動向についてもご紹介!
物流コストを徹底調査!コスト削減を実現する近道とは?
物流コンサルタント・物流改善コンサルタントとは?サービス内容や選定ポイントを合わせてご紹介

倉庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

リバースロジスティクス(静脈物流)とは?インバウンドロジスティクスやグリーンロジスティクスサービスを交え徹底解説!

多くの場合、商品は生産者から運送業者を通し消費者に流れていきます。しかし、リバースロジスティクス(静脈物流)では、商品は消費者から生産者に向かって流れます。日本では、佐川急便などの運送業者がこのリバースロジスティクスを取り入れサービスを行っています。

リバースロジスティクスはあまり馴染みのない言葉ではありますが、SDGsを始め環境問題が重視される昨今において、重要な概念の一つです。この記事ではリバースロジスティクス(静脈物流)について事例を基に分かりやすく解説致します。

リバースロジスティクス(静脈物流)とは?

リバースロジスティクス(静脈物流)とは、生産者から消費者へモノが流れる仕組みを意味するロジスティクスに対し、消費者から生産者へ逆行するモノの流れる仕組みのことを指します。

血液が養分を各組織に届け、心臓に戻ることに準えて「静脈物流」と呼ばれる場合もあります。また、この物流が一定方向だけでなく、血液のように循環する仕組みを「還流ロジスティクス」と言います。

リバースロジスティクス(静脈物流)は1990年代前半にアメリカで登場した概念で、始めは資源利用削減や廃棄物削減といった環境問題へ取り組むために提唱されました。

現在ではリバースロジスティクス(静脈物流)は環境問題の取り組みに加えて、経済効果を考慮し「FedEx」などの企業で導入されています。また、日本ではリバースロジスティクス(静脈物流)という言葉が登場する以前から、自動車業界では行われてきました。

インバウンドロジスティクスが充実している自動車業界

一度販売した商品に何か問題があった場合、生産メーカーはリコールを行い、商品は必ず回収され修理されます。また、新車を手放す際は廃棄でなく、中古車販売店などに買い取られることがほとんどです。

買い取られた商品は、再整備をし販売され、多くの部品はに関しても加工をし販売されます。特に鉄などの金属部品はほとんどの場合、再利用されます。

このように日本の自動車業界において、リバースロジスティクス(静脈物流)はインバウンドロジスティクスに活用され、還流ロジスティクスを作り出しています。

リバースロジスティクス(静脈物流)の問題点

本来、生産メーカーは商品を作り販売することを目的としています。そのため、その流れに逆行するリバースロジスティクス(静脈物流)を行うことに対応していません。

特に、日本ではその物流システムは分業制でその業務は細分化されているため、リバースロジスティクス(静脈物流)を行うことは難しいとされています。

綿密な企業間の連携が必要になる

例えば、一般的に商品を販売するメーカーは、配送業務を配送業者に委託します。しかし、リバースロジスティクス(静脈物流)においては商品を回収、運搬する配送業者の役割が重要となってきます。

回収する事業者は、その回収物が本当に回収する価値があるか判断する必要があります。加えて、回収した商品がそのまま再利用できる場合は少ないでしょう。リバースロジスティクス(静脈物流)を行う際は、再利用が可能な状態に加工する技術も求められます。

また、日本の物流にはモーダルシフトなどが多く取り入れられていることからその工程は細分化され、各工程は異なる事業者によって行われます。そのため、リバースロジスティクス(静脈物流)を行う際には、各事業者の理解と協力が必要でしょう。

日本においてリバースロジスティクス(静脈物流)を発展していくためには生産メーカーのみならず、ロジスティクスに関わる多くの企業の協力が必要になります。

近年では3PL企業や4PL企業といった新たな物流企業も登場しているので、リバースロジスティクス(静脈物流)を進めていくにはそれらの企業が連携をしていく必要があるでしょう。

返品対応にはコストが掛かる

返品も消費者から生産者にモノが流れるリバースロジスティクス(静脈物流)の一つです。この返品にも大きな課題があります。返品は「いつ、どこで、どの程度」起こるか分かりません。

特に、実物を見ないで商品を購入するECサイトでは、返品は発生しやすく返品を積極的に行う際はコストが掛かってきてしまいます。

リバースロジスティクス(静脈物流)の事例

世界最大手物流サービス企業である「FedEx」はリバースロジスティクス(静脈物流)に力を入れており、2015年にはアメリカのリバースロジスティクス(静脈物流)の大手である「GENCO ATC」を14億円で買収しました。

日本でも佐川急便がリバースロジスティクス(静脈物流)に関するサービスを展開し、注目を集めています。

佐川急便の返品・返品交換サービス

佐川急便ではリバースロジスティクス(静脈物流)の一環として回収サポートシステム「回収くん」を運営しています。「回収くん」は物流業務全体の最適化を目的として、商品等の回収や同時交換業務を代行するサービスとなっています。

例えば、事業者に返品などの電話があった際、佐川急便へデータを送信すれば商品の回収・返金を即座に行います。また、返品やリコールをする際、購入者に費用を負担させないように着払いに設定することも容易にできます。

また、サービスは業務内容によって変更することができ、「回収のみ」「同時交換」「発送のみ」の3つの中から選ぶことができます。

加えて、精密機械などの取り扱いが難しい商品に対しても対応しており、飛脚宅配便や精密機器輸送サービス、大型家具・家電設置輸送サービスなどから輸送方法を選択することも可能です。

取り扱っているサイズに関しては3辺合計が260cm以内となっており、小型から中型の商品に対して幅広く対応しています。

グリーンロジスティクス

日本通運は物流に関するありとあらゆる分野で、顧客のニーズと環境の最適化を目的にグリーンロジスティクスサービスを行っています。

ここでも、リバースロジスティクス(静脈物流)が取り入れられており、オフィスから排出される紙資源や家電を回収し、リサイクルを行っています。

また、日本通運はモーダルシフトにも力を入れており、環境に配慮した物流を行っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事でリバースロジスティクス(静脈物流)についてご紹介致しました。

リバースロジスティクス(静脈物流)とは、消費者から生産者へモノの流れる仕組みのことを指します。リバースロジスティクス(静脈物流)を行う場合は、ロジスティクスに関わる企業が連携する必要があったり、多額のコストが掛かるため、日本ではあまり発展していません。しかし、自動車業界のように成功例があることも確かです。

この記事がリバースロジスティクス(静脈物流)を行う際にお役に立てば幸いです。

関連記事

物流システムとは何か?現代におけるその機能や種類を徹底解説!
物流業界が抱える課題とは?改善策や今後の動向についてもご紹介!
物流コストを徹底調査!コスト削減を実現する近道とは?
物流コンサルタント・物流改善コンサルタントとは?サービス内容や選定ポイントを合わせてご紹介

倉庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

3定管理とは? その進め方から5定管理までを わかりやすく解説致します!

製造業やサービス業の職場において、あるべき場所にあるべきモノがないというトラブルを体験したことはないでしょうか。製造業の現場では多くの商品や製品、機材を扱います。そのため、このようなトラブルが起こることも珍しくありません。この記事ではそのようなトラブルをなくすために多くの企業が導入している3定管理についてご紹介致します。

3定管理とは

製造業やサービス業の職場では、在庫管理に関して高い管理能力が求められます。そのため「何がどこにいくつあるのか」を誰もが分かることが大切になってきます。

3定管理とは、そのような職場で使われる管理方法の一種で、あらゆるモノを管理する上で定められた場所定められたモノ定められた量、置くことを指します。また、2S3定と英語を交え表記されることもあり、整理整頓方法の基本として日本の生産業界に根付いています。(2Sは整理・整頓)

企業は3定管理を行うことで、余剰な在庫を抱えることや必要なモノを探す手間を省くことができ、作業の効率化を実現してきました。

「3定」・「定品」の読み方とは

「3定」とは「定位」「定品」「定量」のことを指し、読み方はそのまま音読みをし、「さんてい」と読みます。また「定位」とは定められた場所のことを指し、「定品」とは定められたモノのことに指します。加えて「定量」とは定められた量のことを指し、それぞれ「ていい」「ていひん」「ていりょう」と読みます。

3定管理の進め方

3定管理の進め方と致しましては、まずは整頓・整頓したいモノの配置を決めることから行うといいでしょう。その際に、取り出す頻度や収納するモノ量についてを考慮し、配置することで作業の無駄を無くすことが可能です。

次に、モノを収納するスペースの掃除を行うといいでしょう。一度モノを収納してしまった場合、在庫がなくならない限りは長期間掃除をすることができません。使用機材を収納する場合は特に、掃除はできないでしょう。製品や商品を清潔に保管するためにも予め念入りに掃除を行っておく必要があります。

3つ目の工程は定位置管理シールを使い、収納場所に記を付ける作業です。誰が見てもモノの置く位置がわかるようにわかりやすくマーキングをするといいでしょう。

この作業が終わったら、そのスペースにどんなモノが収納されているか、わかるよに記しを付けます。特に、棚などの収納スペースが定められている場合はモノの入れ間違えが起きやすいので、そのスペースに収納するモノが何のか、一目見てわかるようにする必要があります。

以上の工程が主な3定管理の進め方です。3定管理を行う際は、従業員が習慣化しなければ、その効果はありません。特に、配置転換をした際は収納ミスが起こりやすいので注意が必要です。収納場所の配置転換を知らなかったなどのトラブルが発生しないように変更情報の周知を徹底する必要があるでしょう。

定位置管理シールの活用

収納場所を定める際は定位置管理シールを使うといいでしょう。ガムテープなどのシールを使用した場合、取り外す際にどうしても粘着剤が残ってしまいます。

また、定位置管理シールはシールの上に文字を書きやすくなっているので便利です。ガムテープなどとほとんど変わらない安価で手にはいるので、3定管理を行う際は使用してみるといいでしょう。

5S3定管理を徹底するトヨタ

日本の生産業を牽引し、世界トップクラスの自動車メーカーであるトヨタ自動車では「定位」「定品」「定量」を管理する3定管理に加え、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「」を意味する5Sを徹底し管理を行っています。この5S3定と呼ばれる管理方法は別名「ヨタ生産方式」とも呼ばれていて、多くの企業が手本としています。

トヨタが5S3定を徹底する背景には、QDCの向上を目指すのはもちろんのこと、商品を生産、販売する中で作業員の安全性の向上する狙いもあります。

加えて、「躾」がという項目が入っていることからトヨタが製品管理において、人事マネジメントを重視していたことが伺えます。トヨタ方式では製品管理はモノの管理だけでなく、人を管理、教育することも基本とされています。

5S3定とは、トヨタ自動車が世界で闘い続けるために、生産性を追及する中で生まれた管理方法であり、今後も製造業の現場で使われ続ける管理方法であるでしょう。

5定管理

3定管理は日本の生産業界に整理整頓の基本概念として染みつきました。そのため、現在では3定にはとどまらず5定管理6定管理を行う企業もあります。

5定管理とは「定位」「定品」「定量」に加え、定められた時間を意味する「」と定められた高さを意味する「定高」を足した5項目を徹底的に管理することを指します。

加えて、6定管理とはこの5定に加えて、定められた方向を意味する「定方向」も管理することを指します。

この管理方法は企業が管理するモノの性質によって使い分けられ、例えば、ジャストインタイム方式に取り組んでいる企業はモノを決められた時間に決められた数量用意することが求められます。そのため、3定に加え、「定時」や「定量」といった項目を重視して管理を行う必要があるでしょう。

また、3定管理に加え、「定方向」「定高」などの6定管理が生まれた背景として、機械化が進んだことが挙げられます。近年では、AGV(無人搬送車)などのロボットが登場しました。そのため、倉庫や工場の無人化が進んでおり、物流業界では自動倉庫を導入する企業も珍しくありません。

しかしながら、多くの倉庫や工場では完全な機械化はなされていません。人間と機械が共存し、その生産性を最大化するためにも、6定管理などの新しい管理方法が必要となるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事では3定管理についてご紹介致しました。

3定管理は、在庫管理において定められた場所に定められたモノを定められた量、置くことを指し、多くの日本の製造業の現場で導入されてきました。

近年では、3定管理にとどまらず、管理するモノ性質に応じて5定管理や6定管理などといった管理方法も登場しました。

この記事が倉庫管理をする際にお役に立てば幸いです。

関連記事

物流管理とは?目的や課題など、基礎知識をご紹介!
出荷管理とは?出庫との違い、物流における出荷業務や改善方法を解説!

ECサイトにおいて誤出荷が起こる原因とそれに対する対策などを徹底解説!
ロット管理とは?在庫管理におけるメリットをご紹介
エシェロン在庫とは?ブルウィップ効果も含めて解説します。
AIが解決する物流の課題!ヒューマンエラーの予防やビジネスの最適化に役立つAIについて解説します。

 

倉庫管理や費用でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。