月別アーカイブ: 2020年6月

最強に役立つ在庫管理とは?!製造業と小売業の在庫管理方法を比べてみました

物流における在庫管理の目的は主にキャッシュフローを増やす事にあります。
しかし管理が複雑な面があり、そのためなかなか課題解決ができないという事例も多くあります。今回はそんな在庫管理に役立つ管理方法をご紹介いたします。

在庫管理の基礎とは?

在庫管理を行う上で最も重要なのは『整理整頓・清潔』という要素にあります。
整理整頓された清潔な環境で在庫管理を行う事で、倉庫内で効率的な作業をしやすい環境にする事ができます。

在庫管理方法

在庫管理において発注の方法は大きく2つあります。

定期発注点方式

予め発注時期を定め、その発注間隔に基づいて発注量を都度決めて発注します。

定量発注点方式

在庫量が予め定められており、状況に応じて発注しす。
定められている在庫量が減ってきたタイミングで、定量に戻す分の発注をかけます。

製造業と小売業

製造業と小売業では在庫管理方法が異なります。
製造業は生産管理と隣接した在庫管理方法を使用しています。
例えば製造業における在庫には原材料があり、調合・加工などが必要な事が多いため、その工程を外注する事があります。
また仕掛け品のような生産途中の半製品を扱ったり、部品を組み立て終わった完成品を扱う事もあります。
よって製造業の場合は作り過ぎが起こらないような生産管理をしたり、適正在庫を多方面から保つための環境設定をする必要があります。

一方小売業では製品を製造する必要がなく、購入した製品をそのまま販売します。
そのため顧客からの注文を待つのではなく、商品が無くなったらその都度発注します。
よって、調達時間を縮めて在庫引当のタイミングを適切なものにしたり、
売上数量のばらつきをなるべく無くすようにします。

商品別にしっかり在庫管理をし、即座に対応しなくてはいけません。

MRP(Material Requirement Planning)システム

MRPシステムとは『資材所要量計画』とも呼ばれ、主に製造業に使用されています。
部品表と基準生産計画をもとに資材の基準所要量を求め、発注や納入、出庫までのコントロールを行います。
このシステムは在庫管理だけではなく、製品の生産計画や原材料調達なども行っています。

POS(Point of sale)システム

POSシステムとは日本語で言うと『販売時点情報管理』ですが、小売業や流通行で使用されているシステムを指します。
バーコードのついたPOSレジとコンピューターから構成されていて実店舗併設していた場合にも店舗コンピューターから在庫管理を容易に行う事ができます。
販売戦略を立てる場合にも大活躍です。
近年では`POS機能が搭載されたレジなども販売されています。

在庫削減をするには?

在庫管理において一番の課題とも言えるのがいかに効率良く在庫削減を行うかと言う点です。在庫を停留しない物流システムを組んでいない場合に限りますが、まずはは在庫を分類するのが効果的です。
業種→区分→種類→顧客情報に基づく→生産方式→数など
の順番に在庫を分類するとわかりやすいです。
しっかりと分類することにより課題が明確になると同時に、
在庫管理に関するコスト削減・リードタイム短縮・部品点数の減少などを実現する事ができます。
この分類方法はいかなる在庫管理にも当てはまる事が多く、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。製造業と小売業では管理対象も方法も違いがあり、それぞれの特徴に合った管理方法でキャッシュフロー向上を目指しましょう。
もっと詳しく在庫管理について知りたい方はこちらの記事もご参考にしていただければ幸いです。
【関連記事】在庫管理システムとは?基礎知識からクラウド型システム9社比較までまとめてみました
倉庫管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

 

クラウド型物流システムの導入事例をご紹介!

物流システムとは、「輸送」「保管」「荷役」「包装」「流通加工」など、商品の製造または仕入れから顧客の手元に届くまでに発生する、一連の物流業務を管理するシステムです。業務全般の最適化を実現することから、物流ソリューションの代表例として知られています。今回は、クラウド型物流システムの導入事例についてご紹介します。

物流ソリューションとは?

物流ソリューションとは、物流業務全体の効率化、最適化を実現する解決策です。
物流業務において重要視される点は、「的確さ」「スピード」であるといっても過言ではありません。とくに、競合性が高いとされるECサイトでは、商品をいかに正確に、そして迅速に届けられるかという点は、ECサイト全体の価値に大きく影響するだけでなく、競合サイトと差別化を図る点となります。
業務の一部を自動化したり、付随して発生する膨大な量の情報を一元管理できる物流システムは、一種の「物流ソリューション」として知られています。

物流システムを導入することで、作業工数を削減し、発送までにかかる時間を短縮することができます。また、情報の一元管理を実現することができるため、複数人で管理していたり、複数の店舗またはサイトで販売したりしている場合、記入漏れやミス、タイムラグなどの発生を防ぎ、販売機会の損出を最低限に抑えることも可能になります。

物流リソースとは?

物流業務の最適化は「サプライチェーン最適化」「リソース最適化」「ルート最適化」の3つに分けることができます。物流システムを導入することで、物流リソースの最適化を図ることにつながります。

物流リソースとは、「在庫、人、倉庫、拠点、車両」など、物流にかかわる、必要な資源のことをさします。すなわち、自社でもつ在庫数、そしてそれを保管するスペースや労働力、配送するための車両など、物流リソースは多岐にわたります。これらのリソース全体を最適化するためには、それぞれ異なるリソースの連携が必要となります。具体的に、各リソースやそれに伴う業務が抱える情報や正確な数値などを可視化したり、一元管理したりすることが求められます。

物流システムでできることとは?

出入庫、在庫、受注、配送管理などの一元管理を実現する物流システムを導入することで、可能になることとして以下が挙げられます。

①各業務の見える化

システムを導入することで、モノの流れ業務の進捗状況などを正確、且つリアルタイムで把握することが可能になります。
たった一つの商品のお届けに関しても、在庫管理や梱包作業、顧客情報の管理、配送手配など、様々な業務が発生し、複数人によって業務が遂行されるケースがほとんどです。そのため、物流業務に課題感を抱えていても、具体的な原因を突き止めることは容易ではありません。

正確な数値を把握、分析できる物流システムを導入することで、業務や課題が見える化します。その結果、曖昧だった課題が浮き彫りになり、的確なアプローチを図ることにつながります。

②ムダの削減

物流システム導入により、余分な作業工数や作業にかかる時間コストなどの「ムダ」を削減することができます。情報を自動で一元管理するシステムを導入することで、それまで手動で行っていた業務を削減することができ、結果として人件費や、配送までにかかる時間を短縮することができます。

③サービス全体の品質向上

業務効率の改善を図ることができる、物流システムの導入により、物流サービス全体の品質向上を見込めるでしょう。

なかでも、ECサイトの品質は、商品そのものに加え、商品の注文から到着までの速さと正確さ、顧客対応の充実度に左右されます。システム導入では、とくに商品以外の要因を改善することにつながります。受注後に必要となる情報が一元管理されることで、「なにが・どこに・どのくらいあるのか」が誰にとっても明確になり、作業をスムーズに進めることができます。さらに自動管理のため、ミスの発生を防ぎます。
顧客情報の管理を行うこともできるため、購入時だけでなく、定期的なメールマガジンの配信など、手厚い顧客サービスも可能になり、結果としてECサイト全体の品質を高めることにつながります。

ECサイトにてクラウド型物流システムがおすすめな理由とは?

物流システムは、ネット環境を用いて利用する「クラウド型」、既存ソフトウェアを利用する「パッケージ型」、自社独自のシステムを構築できる「オンプレミス型」の3種に分けることができます。とくに、ECサイト運営者へのおすすめとして「クラウド型」の物流システムが挙げられます。その理由をご紹介します。

理由①管理する場所を問わない

ネット環境さえあればどこからでも操作や管理を行うことができるという点は、クラウド型サービスの最大の強みであるといえるでしょう。PCやタブレット、システムによってはスマートフォンからのアクセスも可能で、倉庫などの現場にいなくても、状況を把握することができます。
さらに、ECサイトの他に、実店舗での販売を行っている場合や、倉庫を複数利用している場合でも、それぞれを一括で管理することが可能になります。

理由②低コストで導入、運用できる

クラウド型システムは、専用のソフトウェアの導入や定期的なアップデートが必要なパッケージ型や、自社独自でのカスタマイズが可能なオンプレミス型と比較して、低コストで導入し、比較的安価な月額固定費で運用することができます。
売上の伸び悩みに直面しやすいECサイトだからこそ、システム運用にかかる費用が抑えられる、クラウド型システムがおすすめです。

理由③導入までがスピーディー

とくに、オンプレミス型のシステムを導入する場合、自社の特徴や業務フロー、物流業務で抱える課題などに関するヒアリングに加え、オリジナルのシステムをゼロから構築してもらうため、導入までに時間がかかってしまいます。
クラウド型システムであれば、システムを提供する企業へのお問い合わせ後、スムーズにヒアリング、見積もりが実施され、導入までの期間を短縮することができます。

理由④お試しができる

利用するシステムにもよりますが、クラウド型物流システムでは、一定期間の無料トライアルを設定している運営企業が多く見られ、実際に導入する前に自社に合ったシステムかどうかを見極めることができます。
物流業務の精度の高さがサービスそのものに反映されるECサイトでは、自社サイトに合っているか、また、使いやすく、社内で浸透させやすいかどうかという点で、システムを選定することも重要です。

ECサイトでのクラウド型物流システム導入事例

では、実際にクラウド型物流システムの導入事例をご紹介します。

【導入事例①】在庫管理における作業工数の削減

発送代行サービスを行う物流企業A社様の場合

導入前の状況【発送代行サービスにおける、お客様の在庫数をエクセルで管理】
そのため、日々の入出庫後に行う、エクセルへの数値入力や計算、お客様への在庫数や現状報告などの作業に多くの時間がかかっていた 

システム導入の効果【在庫の自動管理が可能になったことで、作業工数の削減を実現】
自社だけでなく、お客様企業の担当者もシステムへ登録し、ログイン可能にすることで、在庫状況の報告業務を削減し、リアルタイムで在庫数を共有することが可能になった

【導入事例②】出荷業務における作業工数の削減

複数チャネルでの販売を行う小売企業B社様の場合

導入前の状況【実店舗への商品出荷作業が膨大なあまり、手が回らなかった】
実店舗とECサイトなど、消費者に販売経路を意識させない販売方法の「オムニチャネル化」を図るB社では、出荷先ごとの異なる業務が発生することもあり、作業数の多さに課題を抱えていた
とくに、実店舗への商品出荷の際に、実店舗での業務フローと同様にPOSから伝票発行、貼り付けを行う必要があった 

システム導入の効果【データの一元管理が可能になったことで、業務効率の大幅な向上を実現】
バーコード検品データを実店舗でのPOSサーバーにも対応させたことで、作業をよりシンプルになった。それまで実店舗出荷用に別途で行っていたPOS対応のハンディターミナルでの作業を削減し、作業工数、かかる時間を大幅に削減した
物流現場から離れた実店舗でも、在庫状況のリアルタイムでの確認やよりスムーズな情報処理が可能になった

クラウド型物流システムのカスタマイズ事例

クラウド型物流システムを導入する際の懸念点として、カスタマイズ性の低さが挙げられます。しかしながら、利用するシステムによっては、カスタマイズが可能な場合もあります。実際に、カスタマイズを行った事例をご紹介します。

【カスタマイズ事例①】システム導入後も、既存のテンプレートをそのまま利用

物流アウトソーシングを行う物流企業C社様の場合

導入検討時の懸念点【システム導入による顧客企業への影響】
システム導入後、既存のテンプレートが使用できなくなることで、発送代行を担っていた顧客企業に対しても、システム導入に伴う変更への対応を依頼しなければならないのでは…?

カスタマイズ内容システム導入に伴う、既存の業務フローの変更を避けるため、それまで使用していたテンプレートを継続して利用できるようにした

導入後の効果【顧客企業へのシステム導入に伴う変更を依頼せずに、システムを導入することができた】
物流システムの機能をカスタマイズしたことで、顧客企業は、それまでと同様の出荷指示で業務を遂行できるようにした。また、自社内では、情報や在庫の一元管理が可能になったことで、物流における作業工数を削減し、業務効率を改善することができた。

【カスタマイズ事例②】リアルタイムでの商品情報をより確実に伝達

企画や制作、運営、物流まで、企業のセールスプロモーションを行う物流企業D社様の場合

導入検討時の懸念点【顧客企業との連携が強化されるか】
モノの移動が激しく、且つよりタイトなスケジュールでの作業が求められるイベントの際にも、商品情報をリアルタイムで管理することができるのか…?
プロモーション企画の一環として各地で行うイベントの際に、「なにが・どこに・どのくらいあるのか」に関するより詳細な情報を得られるのか、顧客企業との連携がとれるのか…?
カスタマイズ内容商品情報の確実な伝達を実現すべく、通知メール送信機能を追加した 

導入後の効果【通知メール機能を追加したことで、商品情報のより正確な伝達が可能に】
イベント開催時の「物流倉庫→イベント会場→メンテナンス業者→物流倉庫」というモノの流れにおいて、常に「なにが・どこに・どのくらいあるのか」に加え、いつ該当商品が動くのかを把握する必要があった。そこで、「①指定アクションを行った際 ②(イベント担当者に向けて)商品の返却・出荷前日」に通知メールの送信機能を追加したことで、商品の状況を漏れなく把握できるようになった。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、クラウド型物流システム導入事例をご紹介しました。導入のハードルの低さや利便性など、メリットの多いクラウド型システムですが、カスタマイズ性の低さが懸念点として挙げられます。そのため、システム選定時には、オプション機能の有無やカスタマイズの可否などの点に着目することも必要となるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

倉庫管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

【ECご担当者必見】WMS(倉庫管理システム)の選定マニュアル

WMSとは、Warehouse Management Systemの略で、倉庫管理システムを意味します。今回は、数あるWMS(倉庫管理システム)の中からより自社にあったシステムを選定するための、注意ポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

WMS選定時のステップ

WMSの導入を検討する際のステップは以下の通りです。

①導入目的・課題の洗い出し

WMS導入には、コストだけでなく、選定するまでの手間や時間もかかります。導入後のミスマッチを防ぐためにも、自社で抱える物流業務の課題をしっかりを洗い出すことが必要となります。
以下の各業務で、具体的にどのような課題があるのか検討してみましょう。

☑︎入出庫管理

・スムーズな入出庫ができているか
・モノと情報の齟齬がないか など

☑︎在庫管理

・エクセルなどで管理している場合、入力に時間がかかりすぎていないか
・入力ミスや伝達ミスは発生していないか
・社内で一貫した数値が共有されているか など

☑︎商品管理

・社内で業務が統一されているか
・品質管理は十分に行えているか
・「なにが・どこに・どのくらいあるのか」が明確か など

☑︎返品管理

・返品が起きる場合の業務はマニュアル化されているか
・返品された商品の在庫は、リアルタイムで在庫データに反映されているか など

☑︎帳票管理

・納品書や発注書など、各帳票の作成に時間がかかりすぎていないか
・一目瞭然の帳票管理がされているか など

☑︎棚卸管理

・スムーズに棚卸しができているか
・業務が標準化されているか など

②候補選び<第一段階>

自社で抱える課題を浮き彫りにし、それに基づいてシステムを選定します。第一段階として、候補システムを絞り込むためのポイントは以下の通りです。

☑︎機能

・自社の課題を解決できるかどうか
・売上拡大や事業戦略変更に伴い、機能を柔軟に変更できるかどうか

☑︎タイプ(クラウド・パッケージ・オンプレミスより選定)

各タイプ別におすすめなECサイトをご紹介します。

クラウド型・短期的または中期的に利用したい
・導入コストを抑えたい
・導入前に実際に利用することで、自社に合うか確かめたい
・スピーディーに導入したい
・(アウトソーシング事業など)社内外からのアクセスも可能にしたい
パッケージ型・短期的または中長期的に利用したい
・カスタマイズを行わずにできるだけ早く利用したい
・信憑性の高いシステムを利用したい
・システムの管理はベンダーに任せたい
オンプレミス型・中期的または長期的に利用したい
・高いセキュリティを確保したい
・自由にカスタマイズして、自社に合ったシステムを構築したい
・システムの管理を自社で行いたい

③候補選び<第二段階>

続いて、システムをより絞り込むために着目すべき点をご紹介します。この時点で、3つ程度に絞り込むことができれば、理想的です。

☑︎サポート体制

システムの運営会社やベンダーによるサポート内容に着目しましょう。
ECサイトでのWMSを検討している場合、運営会社が自社ビジネスに精通しているか、EC事業へのノウハウを有しているかという点も注意する必要があるでしょう。

☑︎強み

サービスの差別化が難しいWMSだからこそ、各システムの特有の強みや、特化している業界などは注力して見極める必要があるでしょう。

☑︎実績

検討中の候補システムのこれまでの実績に目を通すようにしましょう。
とくに、自社と同じ業界や類似したビジネスモデルをもつ企業による導入がある場合、自社とマッチする可能性も高いといえるでしょう。

☑︎導入前の無料お試しの有無

とくに、クラウド型システムを検討している場合、無料トライアルの有無にも着目しましょう。実際に利用することで、必要な機能を見極められたり、導入後の社内での浸透のしやすさなどを見極めることができます。

④お問い合わせ・見積もり

実際に絞り込んだシステムの運営会社へ問い合わせ、見積もりを行いましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 WMSの選定や導入には、多くの時間や労力、コストが発生します。導入後のミスマッチを防ぐために、初期の段階で、課題や導入目的、コストなどを明確にすることが重要です。気になるサービスには、気軽に問い合わせてみることもおすすめです。ぜひ参考にしてみてください!

倉庫管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

通過型・在庫型物流センターとWMSの関係とは?

EC激戦時代である昨今では倉庫需要が上昇し、それに付随して、WMS(倉庫管理システム)の注目度も上がってきています。
今回はそんなWMSと物流センターの関係について簡単にまとめてみました。
WMSの基本機能についてはこちらの記事をご覧ください。

【関連記事】WMS徹底解説!おすすめ倉庫管理システム比較10選をまとめてみました。

なぜWMSが注目されるのか

倉庫内での複雑な業務に対応するにはある程度の教育を必要とします。
明確に在庫の場所を把握したり、全ての倉庫内業務に慣れていないと、ヒューマンエラーを起こしてしまう場合があります。また、全て人力任せにしていると、特定の責任者のみ把握しているようなデータの確認を、必要な時に知る事ができない場合があります。
このような問題点を改善するのがWMS(倉庫管理システム)です。

物流センターとWMS

近年の物流センターは大きく分けて2種類存在しています。
この2種類の物流センターの特徴を組み合わせた物流システムが開発されていたり、
それぞれに特化したシステムも登場しているところから、WMSとの隣接した関係を知る事ができます。
まずは2種類の物流センターについて簡単にまとめてみましょう。

TC(通過型物流センター)とは

通過型物流センターとはトランスファーセンター(通称TC)と略される物流センターで、店舗に近接して設置されています。在庫を停留させずに出荷する事が特徴で、そのほかにも入荷・検品などの荷捌き業務も行います。

DC(在庫型物流センター)とは

在庫型物流センターとはディストリビューションセンター(通称DC)と略され、
TCとは違って在庫を保管するという機能がついています。
入荷・検品などの業務に加え荷合わせも行うため、配送業務量を少なくする事ができます。

『TC=クロスドッキング』とは何か

日本ではTCの事をクロスドッキングと表現する場合が多くあります。
これは入荷した商品を直ちに出荷するシステムの事を指し、
在庫をもたず仕分け作業後すぐに出荷します。
このクリスドッキングの普及により、リードタイム削減と複雑な在庫管理をなくす事に成功しています。主にクロスドッキングでは小ロットでの仕入れによるリスク削減や在庫コストの削減などを実現でき、近年の物流業界をより効率的に改革する事ができました。

TCとDCによる流通の仕方には商品ごとに向き不向きがあり、より適切な方法を選択していく必要があります。

WMSの需要

このように物流センターには種類が2種類あるというのと、それぞれの物流センターに特化したWMSが存在する事により、より効率的なフロー作りを行っています。

例えばTCの場合リードタイム削減に特化しているからこそ、現場での業務に関してよりスピーディーさが求められます。TC特化型WMSでは倉庫内の検品業務などに対応できるよう、正確かつ作業効率の良いマネジメントを行えます。例えばハンディーターミナルによる仕分け業務で作業品質を向上させ、次々に流れていく商品を素早く管理しています。
また、店舗納品ラベルを自動で貼り付ける業務も行ってくれます。
一方DCの場合は賞味期限付きの商品に対しての特殊な管理も行っています。
ロットナンバーと賞味期限を紐付けさせた管理ナンバーを使って商品を管理する事で、賞味期限が早い順の先入先出しを可能とします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
物流センターの特徴に合わせたWMSが構築される事により、それぞれのニーズに適合した機能を得る事ができます。
また、マテハンの側面においてもWMSは効果的です。この機会に様々なWMSについて考えてみてはいかがでしょうか。

倉庫管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

ECサイトで効果的な物流会社やシステムの選び方とは?

ECサイト運営において成功の鍵を握るのは、物流であるといっても過言ではありません。今回は、ECサイト運営において、効果的な物流会社や物流システムの選定方法について解説します。

EC物流とは?

EC物流とは、ECサイトにおける物流機能のことで、商品の入荷、受注〜出荷までの物流プロセス全体で発生する業務を担います。ECとは、Electronic Commerceの略で、電子商取引を意味します。ネットワーク上の情報通信によって、商品やサービスの売買を行い、近年、市場規模は拡大し続けているため、EC物流の重要度がより高まってきています。

工場から倉庫または店舗間のモノの移動を担う、一般的な物流との違いとして、配送先が挙げられます。つまり、EC物流では、消費者に直接商品を配送するため、その過程においてより多くの業務が発生します。

さらに、一般的な物流との違いとして、「物流」自体にもサービスの一環として、高い品質が求められる点が挙げられます。つまり、EC物流とは、単なる配送ではなく、「商品に付随したサービス」であるため、物流業務全体の効率化が求められます。

EC物流における物流システム導入

「正確さ」「スピード感」EC物流における解決策として、作業の自動化や膨大なデータの一元管理を実現する、物流システムの導入が挙げられます。

EC物流にて、業務効率の向上を図るにあたり、取り入れるべき物流システムをご紹介します。

物流管理システム(WMS・TMS)

物流管理システムは、倉庫管理システム(WMS)と配送管理システム(TMS)に分けることができます。

前者では、入荷〜出荷の、倉庫内で発生する物流業務と、その情報を一元管理します。後者では、出荷後〜配達完了における、倉庫外で発生する業務、情報の一括管理を行います。

在庫管理システム

在庫管理システムでは、入荷した、倉庫内の在庫の数量やデータを一貫して管理します。膨大な情報を統合して管理できるだけでなく、エクセル入力などで発生する、手動による作業工数を削減することもでき、受注から出荷までのリードタイムの短縮を実現します。

受注管理システム

受注管理システムでは、受注〜出荷完了において、注文受付や受注、出荷業務に伴って発生する、作業の自動化や情報の一元管理を行います。複数のショッピングモールやカートシステムでの販売を行っている場合、各サイトでの在庫をそれぞれ管理したり、受注後にリアルタイムで在庫引当を自動で行ったりします。

また、商品情報に加え、お客様情報も徹底して管理することができ、ECサイトで重要視される、充実した顧客対応を実現することができます。

物流システムの選び方

EC物流にて有効な物流システムの種類は多岐にわたります。サービスの選定方法について解説します。ぜひ参考にしてみてください!

①自社が抱える課題や導入目的の洗い出し

物流システムといっても、倉庫管理システムや配送管理システム、在庫管理システム、受注管理システムなど、種類の異なるシステムが存在します。

そのため、大前提として、自社で解決したい課題や導入目的を洗い出すことが必要となります。

ECサイトで多くみられる課題としては、以下が挙げられます。

「CSVの行き来が面倒…」
「商品の品種が多くて、在庫管理が曖昧になってしまっている」
「複数サイトでの在庫引当で、ズレが生じてしまう」

自社で解決したい課題が明らかにし、その機能をもつシステムを断定しましょう。

②優先事項の設定<候補の絞り出し>

先に述べたように、物流システムは多岐にわたり、自社に最適なシステムの選定は容易ではありません。差別化が困難なシステム選びでは、自社の優先事項を明確にすることで、よりスムーズに、候補となるシステムを絞りだすことができるでしょう。
考慮すべき代表的なポイントとして、以下が挙げられます。

・連携できる外部システム
・カスタマイズの柔軟性
・オプション機能の充実さ
・導入までのスピード
・見積もり〜導入後のサポートの手厚さ
・コスト

③自社に本当にあっているかの見極め<候補の取捨選択>

導入目的、優先事項を選定すると、ある程度候補となるシステムが絞られてきます。さらにシステムを厳選するための着眼点は以下の通りです。

・導入実績
・無料お試し期間の有無

導入実績を確認し、検討中のシステムの信頼性を確認しましょう。とくに、自社のECサイトと類似したケースがあれば、高い効果が期待できるようになるでしょう。

また、後者の無料お試しの有無は、見落としてしまいがちですが、重要なポイントとなります。導入後、社内でシステムをより浸透しやすくするために、「画面は見やすいか」「操作はシンプルでわかりやすいか」などを検証しましょう。

実際に利用することで、必要または不要な機能を認識し、余分なコストの削減にもつながります。

④見積もり

最後に、導入したいシステムの運営会社へ問い合わせ、見積もりを確認しましょう。

EC物流における物流アウトソーシングの導入

EC物流において、アウトソーシングを導入するケースは非常に多いです。とくに、EC事業を開始したばかりで、ノウハウが不足していたり、十分な人手を確保できなかったりする場合、外部のプロへの委託は有効な手段であるといえるでしょう。

ただし、「業務をどこまで委託するのか」「自社にノウハウを蓄積できるのか」などの点について、委託先と十分なすり合わせを行うことが必要となります。

関連リンク物流アウトソーシングサービス比較 | メリット・デメリットなどについてもご紹介

物流アウトソーシング委託先の選び方

物流アウトソーシングの委託先の選び方も、基本的には物流システムの選定方法と変わりません。アウトソーシングならではの着眼点についてご紹介します。

①導入目的の洗い出し

物流アウトソーシングの導入を検討する目的として以下が挙げられます。

・EC物流に関する知識がない
・労働力が足りない
・物流業務が乱雑になってしまっている

②優先事項の設定<候補の絞り出し>

物流アウトソーシングを検討する際に考慮すべき点をご紹介します。自社で優先したいポイントを今一度整理してみてください!

・コスト(全体コスト、料金体系)
・変更への柔軟な対応
・連携しやすさ、サポート体制

③導入実績の確認

アウトソーシングでは、自社の物流業務を部分的ではありますが、完全に委託することになります。
そのため、検討中の委託会社の導入実績は必ず確認するようにしましょう。

④見積もり

実際に、委託先へ見積もりを依頼しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ECサイトの市場拡大に伴い、EC物流もますます重要視されています。ECサイトに求められる「正確さ」「スピード感」を追求すべく、自社で抱える物流課題を洗い出し、改善に努めましょう。ぜひ参考にしてみてください!

倉庫管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

ECサイトと実店舗での販売について比較してみました

ECサイトの運営や、新しい販売チャネルとしてECサイトを設立する際に、ECサイトと実店舗の両立に悩みを抱えていらっしゃるご担当者様も多いのではないでしょうか。
今回は、ECとリアル店舗の違いや、それぞれのメリット・デメリット、両立を実現する施策、オムニチャネルなどについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

ECとは?

「eコマース」としても知られているECは、Electronic Commerceの略で、電子商取引を意味します。インターネット上で商品の売買、決済を行います。他にも、「インターネットショッピング」や「通信販売」などとも呼ばれています。
EC市場は、年々拡張し続けており、様々な業界が積極的に取り入れています。

ECでの販売体系としては、以下の3つが挙げられます。

①自社ECサイト
②ショッピングモール出店型

③ショッピングモール出品型

自社で、EC事業にかけられるコストや労力などを踏まえたうえで、販売体系を選定し、ECでの売上向上を図りましょう。

ECと実店舗の違い

ECと実店舗では、「商品の販売を通して、売上を向上させる」という最終目的は共通しています。両者における違いとして、この目的を達成するまでの過程や手段が挙げられます。具体的に「どこで」「いつ」「どのように」売るのか、という3点で大きな違いがあります。それぞれご紹介します。

①「どこで」売るのか

ECサイト:インターネット上での店舗
実店舗:実際の店舗

ECサイトでは、ネット上での販売のため、インターネットを有するユーザーすべてが対象になります。
一方、実店舗は、実際に店舗を構えることが必要となり、ECサイトに比べて、顧客が限定的になってしまいますが、対面で接客を行うことができるため、お客様と直接のコミュニケーションを取ることができます。

②「いつ」売るのか

ECサイト:24時間365日
実店舗:営業時間のみ

ECサイトでは、時間を問わず、いつでも注文を受けることができます。
実店舗では、店舗の営業時間のみでの販売が可能です。

③「どのように」売るのか

ECサイトと実店舗での販売方法の違いとして、さらに「コスト」「集客方法」「顧客対応」に分けることができます。

「コスト」

ECサイト:イニシャルコスト、ランニングコストともに低価格
実店舗:イニシャルコスト、ランニングコストともに高価格

イニシャルコストに関して、ECではサイトの開発費用の他に、ショッピングモールやカートシステムに出店または出品する場合、それらのシステムを利用するためのコストがかかります。
実店舗では、店舗や設備の設立など、初期投資に、比較的大きなコストがかかります。

ランニングコストに関して、ECサイトでは、サイト運営にあたり、インフラやサーバー環の境維持コストが挙げられます。
実店舗では、店舗の家賃や光熱費をはじめとした必要経費が毎月かかります。

「集客方法」

ECサイト:SEO対策やSNS運用、Web広告など
実店舗:ECと同様の方法に加え、看板や新聞の折り込みチラシなど

両者において、インターネットが生活に欠かせない存在となった現代では、Webマーケティングは欠かせません。とくに、ECサイト運営で、ショッピングモールやカートシステムを利用しない場合は、より長期的に取り組む必要があります。

「顧客対応」

ECサイト:メール、カスタマーサービス
実店舗:接客

ECサイトでは、お客様と直接コミュニケーションをとることはできないため、メールやコールセンターなど、カスタマーサービスを充実させる必要があります。
一方、お客様と直接やりとりのできる実店舗では、各販売員や店舗スタッフによる、顧客対応の質が重視されます。

ECサイト(ネットショップ)のメリット

実店舗との違いを踏まえ、ECサイトでの販売におけるメリットについてご紹介します。

①顧客層を無限に広げることができる

インターネット上で販売するECサイトでは、場所を問わず、ネット環境のあるすべてのユーザーにアプローチすることが可能です。

最近では、「越境EC」という言葉もあるように、日本国内に限らず、海外でも販売を拡張できるチャンスがあります。

②24時間365日営業できる

ECサイトの代表的な強みとして、店舗の営業時間がなく、いつでも販売できることが挙げられます。商品の在庫管理の徹底や丁寧な顧客対応などを実現することで、販売機会の最大化を図ることができるでしょう。

③気軽に運営できる

実店舗に比べて、イニシャルコスト、ランニングコストともに抑えられるECサイトは、より気軽に始めることができます。イニシャルコストがかからないからこそ、撤退もしやすく、失敗のリスクが低いといえるでしょう。

④在庫を調節できる

実店舗であれば、店舗間での在庫取り寄せなどを行う手間がかかりますが、ECサイトであれば、一箇所または複数の大きな拠点で在庫を管理するため、より簡単に在庫を調節することができます。
ただし、実店舗での販売同様、余剰在庫やロスの発生を防ぐために、適切な在庫の数量を把握することが重要です。

ECサイト(ネットショップ)のデメリット

ECサイトのデメリットとして、以下が挙げられます。

①商品の魅力を伝えにくい

ECサイトにおける、商品の魅力を伝える手段として、写真や動画、SNS等での口コミなどが挙げられますが、商品に直接触れることのできる実店舗と比べて、限定的であるというデメリットがあります。

そのため、商品のお届け後、お客様にギャップを与えてしまい、クレームに繋がってしまうこともあるでしょう。
商品の特徴を忠実に伝えたり、返品に関する規定やシステムを整えたりすることが必要となります。

②バックエンド業務が増える

ECサイトでは、受注後に、情報処理、商品のピッキングや梱包など、配送までに多くの業務が発生します。受注件数の増加に伴い、業務が繁雑化する恐れもあります。とくに、ECサイト全体のクオリティは「正確さ」「スピード感」に大きく左右されます。そのため、複雑な業務であっても、ミスの発生を徹底的に防ぐことが必要となります。

これに対する代表的な施策としては、業務を自動化、情報の一元管理を実現できる受注管理システムをはじめとした物流システムの導入が挙げられます。

③競合性が高い

ECサイトでの販売は、顧客の幅広さ、リスクの低さというメリットがある反面、「競合性の高さ」「価格競争の激化」というデメリットも挙げられます。

自社と類似した競合サイトとの差別化を図るために、SEO対策やSNS運営、Web広告の運用など、集客のための様々な施策を長期的に行う必要があります。そして、これらに伴った専門的なスキルやノウハウを社内で蓄積することも重要になります。

実店舗(リアル店舗)のメリット

では、実店舗での販売におけるメリットをご紹介します。

①商品の魅力を伝えやすい

ECサイトでの販売との決定的な違いとして挙げられる、「お客様と直接コミュニケーションがとれる」という点は、実店舗での販売における最大のメリットであるといえるでしょう。

お客様ご自身で商品に触れることができるため、商品の実物とイメージのギャップが発生することも少ないでしょう。

②お客様の生の声を聞くことができる

お客様と直接コミュニケーションをとることで、商品や店舗、サービスに関するお客様の「生の声」を聞くことができます。そのため、店舗の傾向や顧客層などを肌で感じることができ、いち早く店舗の改善を行うことができます。

実店舗(リアル店舗)のデメリット

実店舗販売におけるデメリットもご紹介します。

①顧客や営業時間が限定的になってしまう

実店舗では、店舗を構える必要があるため、顧客や営業時間が限定的になってしまうというデメリットが挙げられます。ただし、お客様一人一人に丁寧に接する「狭く深く」な対応ができるため、リピート客の獲得を見込むことができるでしょう。

②コストがかかる

実店舗での販売では、イニシャルコスト、ランニングコストともに、ECサイトよりも費用がかかります。とくに、家賃や光熱費など、毎月の必要経費がかさむだけでなく、初期投資も高額なため、撤退の際に大きな借金になり得るというリスクの高さも懸念点として挙げられます。

ECサイトと実店舗はどちらがいいのか?

ここまで、ECサイトと実店舗、両者の違いやメリット、デメリットについてご紹介してきましたが、「結局どっちがいいの?」とお悩みになる方もいらっしゃることと思います。

結論としては、「両者を連結させる」です。

方法は多岐にわたりますが、代表的な例として、「顧客情報の連携」が挙げられます。お客様情報や購入履歴の一括管理に加え、両者で共通のポイント制度の構築も効果的です。

続いて、ECサイトと実店舗の連携を図るうえで、押さえておきたいいくつかのキーワードをご紹介します。

O2O

O2Oとは、”Online to Offline”の略で、「オンライン=ECサイト」から「オフライン=実店舗」へと顧客を誘導する施策です。

EC利用者に対して、オンライン上で実店舗で利用できるクーポンの配布を配布したり、店舗で実施する限定セールなどを告知したりすることが挙げられます。

マルチチャネル

マルチチャネルとは、顧客に対して複数のチャネル、接点を提供する施策です。具体的に、ECサイトや実店舗での販売に加え、テレビやカタログでの販売、チラシやパンフレットなどの紙媒体での広告などが挙げられます。

マルチチャネルの最大の特徴として、「各チャネルをそれぞれ独立のものとしてみなすこと」が挙げられます。そのため、顧客情報や在庫管理をそれぞれのチャネルで管理しなければならず、漏れが発生したり、顧客側に手間をかけてしまったり、販売機会の損失につながる恐れもあります。

クロスチャネル

クロスチャネルとは、顧客に対して複数のチャネルを提供し、且つそれらを連携させるという施策です。すなわち、マルチチャネルにおける課題を解決することができます。

具体的には、物流管理システムや在庫管理システムなどを導入することで、在庫や業務で発生するデータ、顧客情報を一元管理し、複数のチャネルを連携させ、販売機会の損失を防ぎます。

オムニチャネル

オムニチャネルとは、顧客に対して、連携した複数のチャネルや接点を提供し、販売経路を意識させないという施策です。つまり、クロスチャネルと比較して、全チャネルの連携をより徹底し、「シームレス化」を通して顧客の囲い込みを図ります。

具体的には、クロスチャネル同様の、システム導入での情報・商品の一元管理に加え、SNSをはじめとしたメディアの活用などが挙げられます。
複数のSNSの運用・連携や、口コミの拡散などで、商品やブランド、店舗の認知度を上げ、顧客が商品に興味をもった瞬間に、どこからでも購入できるシステムの構築を目指します。

ECサイトと実店舗の両者を効果的に展開させるには?

ECサイトと実店舗の両者を効果的に展開させる手段として、「システムの導入」が挙げられます。

とくに、これからECサイトの運用を考えていたり、比較的小規模なECサイトを運営したりしている場合は、「受注管理システム」の導入が効果的です。

細かい機能は、各サービスによりますが、実店舗とECサイトで扱う在の一元管理や配分、それぞれの上限の設定、複数の販売チャネルでの在庫の自動引当などを自動化することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
インターネットやSNSの有効活用や、受注管理システムをはじめとした物流システムの導入により、ECサイトと実店舗販売の両立を目指しましょう。

EC物流でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

在庫引当でミスを失くすためには?解決策を徹底解明!

多品種少量生産が中心になってきている近代において在庫引当という言葉をも耳にする方も少なくないのではないでしょうか。
今回はそんな在庫引当についてお話しします。

在庫管理の目的とは

在庫管理をする上で目的とする事は『在庫の状況』と『販売状況』を鑑みながら、
随時適切なタイミングで商品の仕入れを行うためという事です。
欠品を始めとする在庫に関したリスクを削減するために在庫数だけを見るのではなく、在庫の流れを確認及び把握する必要があります。まずは在庫管理を怠った場合に起きるリスクをまとめてみましょう。

コスト削減

商品を必要以上に仕入れてしまうと、保管・管理コストがかかってしまいます。

余剰在庫、滞留在庫の発生

在庫の流れを把握していないと在庫回転率が下がり、長期間保存せざるを得ない在庫が発生してしまいます。余剰在庫、滞留在庫の発生によって生まれるデメリットは様々です。

欠品のリスク

販売機会の損失はEC事業者にとって最も避けたいリスクの一つと考えられます。
適切なタイミングでの仕入れが行われていないと、商品が欠品してしまい、販売機会を逃してしまいます。

以上のようなリスクを避けるために、目的を明確にした上で在庫管理をしていく必要があります。

在庫引当(Inventory Reservation)とは

在庫引当とは受注があってからすぐに短期間で商品を取り置きする事を指します。
例えば、元々10個在庫があった商品に2個の受注があった場合、その受注分の商品は出荷まで取り置きしておくという扱いになります。この受注2個分を引当在庫数と呼び、元々あった実在庫数から引当在庫数を引いた残りの8個が有効在庫数または引当可能在庫数と言われます。
このような有効在庫数または引当可能在庫数を知る事で次の受注に対する準備ができ、在庫管理に役立たせる事ができます。

小売店オーナーが知っておくべき在庫引当

もし所有している小売店の売り上げが延びてきた事により、規模が大きくなってきたら確実に在庫引当を算出する必要があります。
いつどこに何の在庫があって、その在庫は受注を既にされているものなのかなど所有している在庫に関する細分化した情報を把握する必要があります。

在庫引当とピッキング作業

在庫引当をしっかり行っていれば、ピッキング作業の効率化も実現できます。
在庫引当によって算出した表も確認すれば、ピッキング作業前に欠品の確認ができるので、
ピッキング作業者は明確の指示の下複雑な事を考えずにスムーズな作業ができます。
また、先入先出の徹底も可能となるのでより幅広いメリットを感じる事ができます。

引当が解除された場合

引当が解除されるとその在庫は実在庫数に戻されます。
これは以下のような状況で起こり得ます。
・お客様が配送予定だった商品を購入キャンセルした
・仕入れ先への返品申請を取り下げた

在庫引当の考え方やタイミング

在庫引当の考え方をイメージ表を使って見つけていきましょう。

20個の受注があった7月2日の列を見ると、有効在庫数は80個になっています。
実際に手元にある在庫数は受注のない7月1日と変わりませんが、有効在庫数は注文があった時点で注文を受けた商品の数を引いた個数を表示していきます。
また、7月15日のように受注と出荷が同時に行われるようなタイミングに実在庫数と有効在庫数bはどちらも変動しています。

このように有効在庫数がしっかりと把握していれば、欠品を避けるために7月15日時点で発注をする必要がある事がわかります。また、7月20時点で『在庫無し』とECに表示する事もできます。
よっていつでも受注できる状態や欠品による販売機会損失を防ぐ事ができます。

在庫管理システムを利用して在庫引当を管理する

在庫管理システムを利用して在庫引当を算出すると、
上記にあるような表全体を一括管理する事ができます。受注や予約があった時にシステムに数を入力するだけで、実在庫数と有効在庫数を別々に計算してくれます。
また発注管理との連携を行う事でより正確に物理的に手元にある在庫数と、受注可能な在庫数を簡単に一元管理する事ができます。効率的に管理したい場合は在庫管理システムを利用するのもおすすめです。

エクセルを使用して在庫引当を管理するメリット・デメリット

エクセルを始めとする無料で扱える表作成ソフトによる管理方法について、メリット・デメリットをまとめてみましょう。

メリット

コストがかからない
・カスタマイズ制が高い
・複数人管理での共同編集が簡単に可能

デメリット

・入力ミスが起きやすい
・複数人管理によってどのファイルが最新データなのかわからなくなってしまう

メリットとしてはわざわざ高価なシステムを導入しなくとも、ある程度の数字管理ができるので、
コスト削減に関するメリットは大きく存在しています。
また、デメリットとしては、関数入力に関する教育または学習が必要という点と、
手入力というヒューマンエラーが起きやすい点が考えられます。

ミスを回避するために

以上を踏まえて、在庫引当を正確な者にするために、このような対策を取る事をおすすめします。
起こり得る事例とともに対策をまとめてみました。

適正在庫の確保


適切な在庫量を常に保管しておく事で、欠品によるリスクを削減できます。
そのために在庫引当によって算出した有効在庫数を実在庫数としっかり区別した上で随時把握しましょう。

システムの導入


在庫数を可視化する事で大幅にミスを削減できます。
そのためにエクセルやスプレットシートでの簡易的な管理方法もありますが、規模が大きい場合は特に限定的な商品のみ管理した方が効果的です。商品種類が多い場合は管理システムを導入した方が適切なコントロールができます。

在庫ロスの削減

商品に賞味期限などがある『食品』『医薬品』の分野では在庫ロスは起こりやすいです。
不良在庫や廃棄在庫を増やさないためにも商品の期限も一括管理できる管理方法やシステムを導入する事をおすすめします。

在庫管理ルールを明確に

エクセルなどの複数人管理を行う場合はデータ記入ルールをしっかり共有しておきましょう。
いつでも誰でもエクセルへの記入やデータのコピーができてしまうので、二重入力のリスクや最新データ情報を見失う確率が高いです。データを記入する人は限定したり、記入の際は通知を怠らないようにしましょう。

仕掛り在庫の管理

製造業などの場合は、生産途中の仕掛り在庫が発生します。
原材料を仕入れて加工した状態を指し、販売できる状態になるまで半製品と呼ばれる事もあります。
このような商品もまた別途個数管理をする必要があります。

過不足の把握

販売機会損失を防ぐためにも、過不足の把握は社内の物流担当者全員ができるようにしておきましょう。

まとめ

在庫状況を管理者のみで随時把握・管理する事は手間であり、よりヒューマンエラー を起こしやす句なってしまいます。
在庫引当には受注や発注状況も影響するので、より高度な管理能力が求められてしまうため、システムにより一元管理がおすすめです。
顧客満足度、顧客信頼度獲得の近道にもなるので、正確な在庫管理で柔軟性の高いサービスを目指していきましょう。

倉庫管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

倉庫管理とは?在庫管理との違いについてもご紹介!

物流業務工程において、効率化に大きく関わってくる倉庫管理。
今回はそんな倉庫管理について在庫管理との違いも含め詳しくまとめてみました。

倉庫管理・倉庫管理システムの基礎知識とは?

倉庫管理とは通称WMS(Wrehouse Management System)とも言われる倉庫内の業務全般のマネジメントについて指しています。商品や製品が倉庫についてから出荷されるまでの情報を管理します。また、倉庫内の在庫の管理だけではなく、人員や倉庫内設備も含めて管理します。
そして徹底的な倉庫管理によって人為的ミスや誤出荷を防ぎ、入出荷数を正確に把握する事でサービス向上にも繋がります。
また、倉庫には必ず1倉庫1人の倉庫管理責任者が配属が義務付けられており、火災や労災などを防止し適切な環境作りをしていきます。

倉庫管理(WMS)と基幹システム(ERP)と配送管理システム(TMS)の違い

倉庫管理システムとよく比較されるものとして基幹システム(ERP)と配送管理システム(TMS)と言うシステムも存在します。
基幹システムとは社内毎に内容は様々ですが、社内のシステムを一元管理すると同時に可視化する事もできるシステムです。
配送管理システムとは商品が出荷されてから配送されるまでの情報を管理するシステムです。
管理する情報の分野が違うのと同時にそれぞれに特化した情報管理システムが存在するとより効率化を実現できます。

在庫管理・在庫管理システムとは?

在庫管理システムとは在庫の入出庫や欠品などの情報管理をするためのシステムです。
売れる前の在庫には保管コストがかかるだけなので、できるだけ少ない量の在庫数を保持していたいのですが、それと同時に欠品による販売機会損失のリスクも避けたいといったように難しい管理をシステム化・見える化する事が目的です。
最近では、適正在庫も算出してくれるシステムやサービスを提供している会社も多く見受けられるようになってきました。

在庫管理システムが必要なケース

システムによっては、基幹システムでも在庫管理をする事ができるため、自社に既に導入されている基幹システムのみで管理しているケースも少なくありません。
ですが、基幹システムのみでは在庫の細かい情報管理まで行う事ができない場合が多く、
ミスが起きてしまったり、余計な業務を追加する必要が出てきてしまう可能性があります。
このように帳簿在庫と実在庫の数が合わないという事が起きている場合は在庫管理システムの導入を検討するべきです。

在庫管理システム導入時の注意点

便利な在庫管理システムでも、導入の際には充分な注意が必要です。
まず、自社に既に導入されている基幹システムとの互換性があるかという点です。
互換性がないとシステムとの同期が上手くいかず、思い通りのタイミングで情報管理をする事ができなくなってしまいます。

また、費用対効果についても検討する必要があります。
デジタル化する事によってどの程度正確かつリアルタイム共有が実現され、利益率向上に繋がるのかという点を考慮しなければなりません。更に、システムによってはオプションを追加しないと、自社に合った管理内容にならない事があります。
自社の業務体制に適合するシステムかどうかしっかり見極めましょう。

倉庫管理システムと在庫管理システムの違いは?

倉庫管理システムと在庫管理システムの大きな違いは『役割』と『管理対象』にあります。
簡単にいうと、倉庫管理システムが倉庫内全般の管理をし、在庫管理システムが在庫の入荷から出荷までの管理をします。
このように管理対象に違いがあり、倉庫内の複雑な工程全般にフォーカスできる倉庫管理システムと、在庫の複雑な数の変化などにフォーカスできる在庫管理システムは別に存在していた方が、
効率性と正確性を明確に上げる事ができます。

その他物流に関するシステム紹介

倉庫管理システムや在庫管理システムのように物流に関するシステムは工程毎に別れていたり、
システム自体の種類もそれぞれ存在します。
よく聞くけど違いがわからないようなシステムをそれぞれまとめてみましょう。

物流管理システム

物流管理システムは商品の注文を受けてから、お客様に商品が届くまでの流れを管理するシステムです。要するに総合的に物流業務を管理し、業務効率化を実現させるシステムという事になります。
在庫管理システムと似ている部分もありますが、在庫管理システムより幅広いフェーズでの管理をしているというイメージになります。

物品管理システム

物品管理システムとは自社で物流業務を行う際に使用している備品や消耗品の管理を行っています。
定期的に欠品してしまう可能性のある消耗品に関しては特に過不足を随時チェックする事で固定資産の管理も可能になります。

店舗管理システム

店舗管理システムとは他店舗経営をしている事業者様向けの、売上管理機能を使用したデジタルシステムです。各店舗運営の効率化を実現し、課題解決にリンクさせていく事ができます。
店舗に担当者が行った指示内容や現場でのレポートなどもわかりやすくする事ができ、ミス削減などにも貢献します。

ピッキングシステム

ピッキング作業というのは物流業務の中でも最もミスの多い作業と言われています。
従来は紙を使ったリストと人の手でアナログにピッキング作業が行われており、ヒューマンエラー を回避できない状況下にありました。また、冷蔵倉庫などでは作業時間も限られており、より効率的に正確な作業が求められています。
そんな課題を解決するのがピッキングシステムです。
中でも、バーコード管理はベーシックで導入しやすい管理方法となっています。
1工程あたりの人員や作業教育に費やすコストと時間も大幅に削減する事ができ、より良い作業環境の構築を実現します。

EDI

EDIとはElectronic Data Interchangeの略で、電子データ取引を指します。
企業間で行われるやり取りの帳簿類を一括管理するシステムで、物流業界で不可欠なシステムとなっています。商取引情報を自動化する事により、一括で検索しきれないような情報も簡単に確認する事ができます。

倉庫管理を効率的に

倉庫管理を効率的に行うためには次のような事を考える必要があります。

作業環境を整える

倉庫内での作業や作業環境をを改善する事で、倉庫管理も効率的になります。
例えば、ピッキングにおいて何の商品がどこにあるかがすぐ分かっていたり、
充分なスペースで梱包作業が行えたりなどスペースを有効活用する事は大切です。

固定ロケーションで管理する

固定ロケーションとはそれぞれの商品の保管棚の場所を倉庫内で固定して管理する事を言います。
例えば、『AA1』という商品をピッキングしたい時は『X列Y棚』に取りに行けば必ずあるという設定をするという事です。
大きくてリフトを使わないと行けないような電化製品などの商品や、入出荷率が確定しているような場合は固定ロケーションによる保管方法がおすすめです。

フリーロケーションで管理する

フリーロケーションとは固定ロケーションと違って、商品の保管棚を固定せずに保管する方法です。
例えば固定ロケーションでは文房具系と衣類は保管棚の列が別れていますが、フリーロケーションの場合はそのようなカテゴライズを基に保管するのではなく、空いてるスペースに順に商品をおいていく保管スタイルです。大きな出荷率の変動がある事が多かったり、賞味期限などの日付管理を必要とする食品などの保管に向いています。

ダブルトランザクションというハイブリット式保管方法

ダブルトランザクションとは固定ロケーションとフリーロケーションの長所を兼ね合わせた保管方法で、最近では大手ECサイトで使われています。
どこに何があるかすぐわかる固定ロケーションによる保管方法と、流動的に保管できるフリーロケーションの両方を兼ね備えているので、様々な事象に対応できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
倉庫管理と在庫管理では役割が違います。
また、その他物流に関する色々なシステムもあり、自社が今どの作業工程に改善を求めているのかを明確にするとシステム活用を有効的に行う事ができます。
この機会に是非自社の課題をシステム導入で解決してみてはいかがでしょうか。

倉庫管理でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

ECビジネスを成功させるには?運営業務や定番カートシステムなどをご紹介!

EC(Electronic commerce)は、「eコマース」や「イーコマース」とも称され、日本語では「電子商取引」を意味し、インターネット上にて、モノやサービスの売買を行います
「ECサイト」や「ネットショップ」、「インターネット通販」など、名称は多岐にわたります。
今回は、ECビジネスを成功させるべく、ビジネスモデルや運営業務、定番からおすすめまで、ショッピングモールやカートシステムの比較もご紹介します!

ECサイトのビジネスモデル

EC事業におけるビジネスモデルとして、「BtoB(企業間取引)」「BtoC(企業と消費者間での取引)」「CtoC(消費者間取引)」「DtoC(メーカー自身による消費者との直接取引)」の4つが挙げられます。

その中でも、今回は、BtoC型のEC事業について解説します。
BtoC型のEC事業は、さらに3種類に分けられます。

①自社ECサイト

自社で開発や構築、運営するタイプのECサイトです。単店舗型ECサイトともよばれ、ブランディングなど、自社の特徴を自由にアピールし、消費者に対して直接商品の販売を行うことができます。

ショッピングモールやカートシステムへの月額使用料の支払いがないことや、自社の他の販売チャネルやシステムとの連携がしやすいなどといったメリットが挙げられますが、ECサイトの開発や運営における幅広い、且つ精通した知見やスキルが必要になります。

②テナント型

テナント型ECは、ショッピングモールへ出店することで、販売活動を行います。現実世界におけるショッピングモールと同じ要領で、Yahoo!ショッピングや、楽天市場などに店舗をかまえることで、自社のあらゆる商品を販売したり、ブランド構築を行ったりします。

集客力のあるプラットホームにて、ブランディングを行うことができるため、競合他社との差別化を図ったり、自社の関連商品をアピールしたりできるというメリットがありますが、商品データや受注管理など、自社で担う業務量が多いというデメリットもあります。

③マーケットプレイス型

マーケットプレイス型ECは、ショッピングモールへ自社商品のみを出品することで、通信販売を行います。商品の情報のみをモールシステムへ掲載します。代表的なモールシステムとして、Amazonが挙げられます。

商品の受注後、該当のモールより、購入に伴って発生するデータが共有され、自社で発送作業を行います。

商品のデータ管理における自社の負担を軽減できるというメリットがありますが、商品そのものや価格競争が激しく、モール内で自社の特徴を前面に押し出しにくいというデメリットもあります。

ECサイトの仕組み

BtoC型のECサイト運営を開始するにあたり、まずは「自力で開店するか」もしくは「出店するか」を選択する必要があります。
そこで、ECサイト開設における、5つのプラットホームをご紹介します。

フルスクラッチ

ゼロの状態から、自社で自由にシステムを構築することができます。
デザインや外部システムとの連携など、自社に完全に合わせて構築することができますが、開発・構築だけでなく、実際に効果が出るまでにも時間がかかるという懸念点もあります。

オープンソース

オープンソースの代表例として、EC-CUBEが挙げられます。
ソース内の既存のソースコードを用いて、システムを構築することができます。フルスクラッチに比べて、自由度が下がってしまうものの、既存のデザインや機能を利用できるという手軽さがメリットとして挙げられるでしょう。

CMSパッケージ

CMSとは、Contents Management Systemの略称で、パッケージ型のプラットホームです。ECサイト構築にあたり、既存のシステムを利用します。フルスクラッチやオープンソースと比較すると、自由度は下がりますが、柔軟性が高いため、信憑性の高いサービスを用いながら、自社のニーズを満たすことができるでしょう。

ショッピングカートASP

ショッピングカートASPでは、サイト全体をレンタルできるシステムで、該当システムのみでECサイトの開店を完結することができます。サイト構築にあたり、柔軟性に欠けるという懸念点もありますが、自社のECサイトを簡単に構築、且つ運営することができます。

モールシステム

ECサイト開設時に「出店する」を選択する場合、モールシステムを利用します。既に言及したように、現実の大型ショッピングモールと同じ要領で、高い集客力を見込めます。

ECサイトの運営業務とは?

BtoC型ECサイト運営にあたり、「フロント業務」「バックエンド業務」の大きく分けて2つが発生します。それぞれ詳しくご紹介します。

フロント業務

フロント業務では、さらに「マーケティング」「マーチャンダイジング」の2つに分けることができます。

①「マーケティング」

ECサイト運営におけるマーケティングの手法として、以下が挙げられます。

☑︎SEO、リスティング広告
Googleの検索エンジンへの対策を行い、Googleの検索結果にて、上位表示を目指すための施策です。順位は常に変化し続けるため、長期にわたって取り組む必要があります。
また、自社のECではなく、ショッピングモールやカートシステムに出店または出品する場合は、該当のシステム内にてもSEO施策を行うことが必要となります。

☑︎アフィリエイト広告
アフィリエイターが所有するブログなどのメディアや、SNSアカウントなどを通して、商品の紹介や宣伝を行う手法です。その際、宣伝を依頼したアフィリエイターへの報酬に加え、アフィリエイターを所有する企業である、ASPに対して、紹介料や成果報酬を支払う必要があります。

☑︎ソーシャルメディア
自社EC事業にて、InstagramやTwitter、FacebookをはじめとしたSNSアカウントを開設することで、自社ブランドや商品の露出機会を増やします。

☑︎メールマガジン
自社で所有している顧客データに基づき、定期的にメールを送信することで、顧客の囲い込みを図ります。自社で顧客データを管理している場合には、購入回数や会員ランクなどのカテゴリーを設け、それぞれに合ったメールを送信することで、効果的にリピーター獲得を目指すことができます。

②「マーチャンダイジング」

マーチャンダイジングでは、ECサイトで販売する「商品企画・開発・調達」「商品の在庫管理」「価格調整」を行います。

☑︎商品企画・開発・調達
市場ニーズを踏まえ、ECサイトにて販売する商品の企画や、商品の選定を行います。

☑︎在庫管理
商品の販売予測に基づいて、仕入れを行う数量の決定、既存在庫の管理など、自社で抱える在庫状況の調節を行います。

☑︎価格調整
在庫状況の調節に伴い、販売価格の見直しや、商品の入れ替えを行います。

バックエンド業務

バックエンド業務は、「商品情報の登録」「受発注管理」「総合管理」の3つに分けることができます。

①「商品情報の登録」

商品登録では、「基本情報登録」「詳細情報登録」「ささげ業務」の3つの業務が発生します。それぞれで登録、管理が必要となり情報は以下の通りです。

☑︎基本情報登録=販売時に欠かせない最低限の情報
・商品名
・JANコード
・価格
・販売日時

☑︎詳細情報登録=購入を検討する際に参考になる情報
・商品詳細説明
・スペック

☑︎ささげ業務=「撮影」「採寸」「原稿」の頭文字
・商品画像の撮影、加工
・商品の採寸
・商品紹介ページに記載するコンテンツの原稿作成

②「受注管理」

商品の受注から発送手続き完了までに発生する業務で、「保管管理」「受発注管理」「顧客対応」の3つに分けることができます。それぞれの業務についてご紹介します。

☑︎保管管理
商品の注文を受けた際に、「迅速」そして「的確」に商品のピッキングや梱包など、配送完了までの業務をよりスムーズに行ううえで、欠かせない業務です。
「なにが・どこに・どのくらいあるのか」について、社内で浸透させる必要があります。

☑︎受発注管理
商品の受注〜発送で発生する業務を行います。具体的には、該当商品のピッキングや梱包、送り状作成、配送管理、発送完了メール送信、在庫引当などが挙げられます。
在庫引当では、複数のショッピングモールを利用している場合、それぞれのシステム上にてリアルタイムで行う必要があります。

☑︎顧客対応
商品不良や不具合などをはじめとした、お客様からのお問い合わせへの対応を行います。

③「総合管理」

ECサイト運営にあたり、バックエンド業務全体の管理を行います。代表的な業務内容として、「数値管理」「外部連携」「システム運用」が挙げられます。それぞれご紹介します。

☑︎数値管理
自社ECサイトや各ショッピングモール、カートシステムでの売上や、人件費をはじめとした経費の管理を行います。全体コストの把握や調整に加えて、目標値の設定と達成度の管理、自社サイト、各チャネルのアクセス解析なども行います。

☑︎外部連携
バックエンド業務の効率化や、課題解決を図るべく、連携可能な外部サービスやツールの検討、導入、運用を行います。バックエンド業務全般への理解や、各業務の状況把握など、幅広い知見が必要となります。

☑︎システム運用
ECサイトの一元管理を実現する物流システムや、受注管理システムなど、システムの管理や運用を行います。不具合やバージョンアップへの対応や、自社のシステムと連携できているかなどの見直しを行います。

EC事業者必見のモールシステム3選

ECサイト運営において、代表的なモールシステムとして、上記の3つが挙げられます。
楽天やYahoo!ショッピングを利用する場合は、テナント型ECサイトとして、Amazonでは、マーケットプレイス型ECサイトとして運営することができます。

これらのシステムを複数掛け合わせて、販売するケースも多くみられます。その際、各サイトそれぞれで、在庫や注文の管理を行う必要があります。そのため、それらを一元管理できる受注管理システムなどの導入もおすすめです。

EC事業者必見のおすすめカートシステム8選

続いておすすめカートシステムをご紹介します。システムを利用することで、自社のECサイトを開店、運営することができます。
「特徴」「コスト」「各種手数料」「お試し期間の有無」の4つの点で、各種システムを比較しました。ぜひ参考にしてみてください!

Shopifyと連携可能なおすすめ物流システム5選

ECサイトの運営業務において、様々な業務が発生します。また、ECサイトでの売上増加に伴い、バックエンド業務も増えるため、手動での作業では間に合わなかったり、業務全体が煩雑化してしまったりなどの事態が起きかねません。そこで、ECサイト全体の価値を左右する「的確さ」「スピード」を追求するために、業務全般の効率化を図る必要があります。その際の代表的な手段として、受注管理システムをはじめとした、物流システムとの連携が挙げられます。

ECサイト構築のプラットフォームにおいて、世界no.1のシェアを誇るShopifyと連携可能な物流システムは以下の通りです。ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。BtoC型ECサイトでは、様々な選択肢が存在します。自社ECのターゲット層や、かけられるコストや人材などを考慮し、自社にあった構築方法やショッピングモールまたはカートシステム、システムを導入することで、ECビジネスを成功へと導きましょう。ぜひ参考にしてみてください!

EC物流でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。

在庫管理システムとは?基礎知識からクラウド型システム9社比較までまとめてみました

ECサイトの売上向上を目指すうえで、欠かせないポイントが「在庫管理」です。その重要度は高いものの、なかなか改善できないというお悩みを抱えていらっしゃるご担当者様も多いのではないでしょうか。
今回は、「在庫管理とは?」という疑問を解消すべく、目的や具体的な業務内容、基礎、改善策、クラウド型在庫管理システム9選をご紹介します!

在庫管理(Inventory control)とは?

在庫管理とは、自社の資材や商品と、それらにまつわる情報の管理を行うことです。
在庫の数量やデータの管理をすることで、受注後の迅速な発送や、状況に応じた在庫数の調節などを行います。

「在庫=現金に直結するもの」であり、いかに効率よく、また無駄なく管理できるかで、売上を大きく左右します。すなわち、EC事業そして企業の根幹を支える、重要な役割を果たしています。

在庫管理を行う目的としては、「売上向上」と「物流コストの削減」が挙げられます。在庫の適切な数量の把握、管理を徹底し、売上に直結させたり、余剰在庫やロスの発生を防いだりすることで、物流業務全体のコストや作業工数の削減につながります。

在庫管理業務とは?

在庫管理における具体的な業務内容として、「入庫」「出庫」「棚卸」が挙げられます。それぞれ解説します。

入庫

入庫作業では、以下の4つの業務が発生します。

「荷受」
自社で保管する商品(在庫)を受け取り、伝票との照らし合わせや、指定場所への配置を行います。

「検品」
商品の数量や、入荷直後の商品状態の確認を行います。

「保管」
検品後、各在庫を指定の場所へ移動させ、保管します。その際、商品の特性や出荷頻度に合わせた社内ルールを設け、「誰が見てもどこにわかる」状態をつくることで、受注後のピッキング時にかかる時間の短縮につながります。
また、「先出し先入れ」を意識した保管を心がけることで、在庫全体の品質維持を見込むこともできます。

「データ管理」
荷受、検品、保管のすべての作業の完了後、入荷日や商品情報などのデータ管理を行います。手動で行う場合は、入力ミスの発生を防ぐよう心がけましょう。

出庫

出庫業務において、以下の4つが挙げられます。

「ピッキング」
受注後、保管場所から、該当商品を必要な数量で確保します。

「検品」
ピッキング後の検品では、注文内容と合致しているかに加え、出荷直前の商品の品質状態のチェックを行います。
検品作業を怠ってしまうと、不良品を発送してしまう恐れもあるため、入念に行いましょう。

「梱包」
検品後、商品の発送に向けて、梱包を行います。お客様の手元に届けるため、乱雑にならないよう、丁寧に行うことが必要となります。

「データ管理」
受注後に発生する、ピッキング、検品、梱包の作業で発生したデータ管理を行います。発送の完了や、在庫の引当など、大きなミスやズレにつながり兼ねないので、細心の注意を払って行いましょう。

棚卸

棚卸では、在庫の実物(モノ)とデータが合致しているか、つまり「情物一致」の確認を行います。

在庫管理の基礎

在庫管理を行う上で、守るべき基礎についてご紹介します。

倉庫内、保管場所での3S活動

3Sとは、「整理・整頓・清潔」を意味します。誰が見ても、「なにが・どこに・どのくらい」あるのかを明確にするために、現場では3Sを徹底するようにしましょう。

ロケーション管理

在庫管理における業務効率の向上や、受注〜商品発送までのリードタイム短縮には、社内で、各在庫の保管場所を明確に設定、共有する必要があります。
ロケーションとは、倉庫内の商品の保管場所を示す番地または表示のことをさします。保管場所を曖昧にして、業務に支障をきたすことのないよう、徹底したロケーション管理を行いましょう。

社内ルールの浸透

在庫管理は、現場での細かい作業一つ一つが重視されます。在庫の配置場所や方法などのほんの小さなズレが、業務全般や在庫処分など、広範囲に影響を及ぼしてしまいます。
言い換えれば、社内での在庫管理に関するルールを設定し、浸透させることで、業務フロー全体の生産性をあげることにつながります。
したがって、ルール設定や浸透により、細かい作業内容も標準化させる必要があります。

在庫管理のメリット

在庫管理を徹底することのメリットについてご紹介します。

無駄の削減

徹底した在庫管理を行う最大のメリットとして、無駄の削減が挙げられます。適切な在庫数量の把握と管理を行うことで、余剰在庫や保管スペースの削減なり、最終的に無駄なコストの発生を抑えることができます。
さらに、業務を標準化し、社内で「なにが・どこに・どれくらいあるのか」が明確になると、作業にかかる手間や時間、人件費等の削減にもつながります。

安定した品質維持

在庫管理を徹底を図ると、複数回にわたる検品や、保管など、各商品の状態をチェックできる機会が増えます。
また、在庫管理を行う際、余剰在庫やロスの発生を最低限に抑えるために、適切在庫や在庫回転率などの算出は効果的な手段になります。
これらが徹底されることで、商品全体の安定した品質を維持することにつながります。

在庫管理を成功させるためには?

では、在庫管理を成功させるための手段をご紹介します。

社内ルールの設定

繰り返してきましたが、在庫管理に関する社内ルールの設定、且つ浸透は、売上や顧客に提供するサービスの質の向上につながります。

エクセルを用いる

在庫管理に関するデータ管理を行う際の、一般的な手法として、エクセルが挙げられます。ただし、手動による作業になってしまうので、入力ミスや漏れのないように注意する必要があります。

バーコードの導入

在庫管理の徹底を目指すためのおすすめの手法として、バーコード管理が挙げられます。バーコードをかざすだけで、より多くの情報量を取得することができ、作業工数やかかる時間などを大幅に削減することができます。

在庫管理システムの導入

在庫管理システムを導入することで、「業務の自動化」「データの一元管理」を実現することができます。とくに、後者に関して、エクセルを用いた際に発生してしまう、入力ミスや漏れを防ぐことができます。
多数ある在庫管理システムのなかでもおすすめなのが、クラウド型です。おすすめの理由として、以下が挙げられます。

・ネット環境があればどこからでも操作可能
・複数人での管理が可能
・導入費用、月額費用ともに低価格
・導入までがスピィーディー
・月単位からの短期間での契約が可能
・導入前に、無料お試しで体験できる

クラウド型在庫管理システム9選比較

では、クラウド型在庫管理システム9選を、特徴業種料金お試し期間の有無に分けてご紹介します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。現金化され得る在庫を管理することで、売上向上や無駄の削減を図ることができます。社内での作業の標準化やシステム導入により、在庫管理の徹底を目指しましょう。ぜひ参考にしてみてください!

EC物流でお悩みの方へ

このようなお悩みをお持ちの企業ご担当者様へ

▶︎受注と物流が別管理なので煩わしい

▶︎売り上げが伸びてきたので、人力での管理に限界を感じている。

▶︎既に受注管理システムを導入しているが、どこか物足りなさを感じ、本当に自社に合ったサービスを探している。

▶︎物流管理にかかるコストを圧縮したい

EC運営実績豊富なアートトレーディング社だからこそ開発できた、物流~受注管理システムmylogiであれば、そのようなお悩みをオールインワンで解決可能です。

少しでもご興味お持ちになられましたら、ぜひご相談くださいませ。